ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務について全面的な監査を実施するよう要請を受けたと発表した。中国では現在シャドーバンキングなど過剰債務の問題が指摘されており、特に地方政府が抱える債務は一部が不良債権化しているといわれている。中央政府が事態の全容把握に乗り出したものと考えられる。

 国家審計署はすでに2010年に地方政府の債務について監査を行っている。
 それによると2010年時点で地方政府が抱える債務の総額は11兆元(約176兆円)に達しており、2012年には13%ほど総額が増加しているという。
 また2012年11月から2013年2月にかけて全国36都市で実施されたサンプル調査では、9つの都市で債務比率が100%を超え、最高では189%に達するところもあったという。

 地方政府は債務返済原資の多くを開発した土地の譲渡に頼っている。だが不動産市況の冷え込みから土地の譲渡は年々減少しており、2010年から2012年の2年間では約3%減ったという。土地の譲渡ができないと、借り入れた資金が不良債権化する可能性がある。また地方政府の債務の多くは中央政府が債務保証をしているため、最終的には中国政府の不良債権になってしまう。

 仮に地方政府の債務総額のうち10%が不良債権化したと仮定すると、その金額は17兆円ということになる。中国のGDPは現在820兆円ほどあるので、この程度の不良債権であれば、日本のバブル崩壊や米国のリーマンショックと比較すれば軽微といえる。ただこれは地方政府の債務であって、実際には銀行が抱える不良債権やシャドーバンキングと呼ばれる通常の銀行以外の融資などがあり、これらを合わせると債務の総額は大幅に増える。これらの多くが不良債権化した場合には、中国でも大きな金融危機が発生する可能性がある。

 中国当局が監査の実施を公表していることから、当局はそれほど事態が深刻であるとは考えていないと思われる。ただ米国が出口戦略を実施する微妙な時期であるだけに、中国の不良債権問題については、しばらく神経質な展開が続きそうである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

no image
中国の歴史教育は非常に安直。だが一方で市民の知恵も高まってきている

 中国が反日的で安直な歴史教育をしていることはよく知られている。だが一方では、な …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …