ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相と会談した。尖閣諸島問題をめぐって悪化している日中関係の打開策を探ることが訪中の目的だったが、今のところ目立った成果は得られていない。

 斎木次官は記者団に対して「率直な雰囲気の中で、意見交換をした」と説明し、今後も複数のチャネルを通じて、意思疎通を継続していく方針であることを明らかにした。だが注目されている安倍首相と習近平国家主席との首脳会談の開催については、コメントしなかった。
 中国外務省も、斎木次官とほぼ同様の事務的なコメントを出すにとどまっており、会談の具体的な内容は明らかになっていない。

 一部の中国メディアは、日本側が日中首脳会談の開催を提案したが、中国側が拒否したと伝えている。また中国側は、日本が領土問題の存在を認めない限り首脳会談を行うつもりはないことを中国側が通告したとも報じられている。

  報道内容の真偽は不明だが、今回の会談は日本側の強い要望で実現したものである可能性は高い。安倍首相は7月25日から3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンを歴訪した。安倍首相は国内では中国に対して強硬的な発言を繰り返しているが、現地では日中関係はもっとも重要な二国間関係の一つであり、中国との首脳会談を望んでいるというかなり融和的な趣旨の発言を行っている。また飯島内閣官房参与は7月中旬に中国を訪問し、日中首脳会談実現に向けて調整を行っていたことも明らかにしている(中国外務省は高官との接触を否定)。

 今回の斎木次官との会談によって日中首脳会談開催のメドが立たなくなったのか、条件をめぐって水面下の交渉が続いているのかは不明である。ただ中国側は内外に対して、尖閣諸島は中国固有の領土であり、これを譲ることはできないとの立場を繰り返し表明している。中国は安易に譲歩できない状況となっており、日本側から思い切った提案がなければ、容易に首脳会談の開催には応じない可能性が高い。少なくとも首脳会談の開催で、冷え切った日中関係を早期に解決というシナリオが成立しにくいことだけは確かだろう。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

ciafurin
さらに混乱するCIA不倫問題。政治謀略か?軍人に群がる肉食系女子の争いか?

 米国CIA長官の不倫疑惑がワケの分からない展開になってきた。ペトレアスCIA長 …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …