ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会合を終え声明を発表した。早ければ9月からの量的緩和縮小が予想されているが、今回の声明では緩和縮小については言及しなかった。

 今回のFOMC声明は、基本的に現状の金融政策を維持する内容となっており、大きな変更はない。ただ景気の判断をやや下方修正したほか、住宅ローン金利の上昇を警戒する文言が入るなど、景気動向に対してやや、慎重な表現が目立っている。
 同日に発表された米国の4~6月期GDP成長率は年率換算で1.7%と市場の予測を大きく上回った。4~6月期のGDPについては、米国政府の歳出強制削減の影響などから1%を切るとの予測もあった。だが実際には好調な設備投資などを背景に、こうしたマイナス要素を打ち消す形となった。今週末には雇用統計の発表があるが、まずまずの数字となることが予想されている。

 足元の数字が良好であるにも関わらず、FOMC声明がより慎重な表現に後退したのは、市場において早期緩和縮小を前提にした動きが加速することを抑制する狙いがあると考えられる。
 大半の市場関係者はFRB(連邦準備制度理事会)が年内に量的緩和策を縮小すると見ているが、半数は9月など早期の緩和縮小を予想している。このため、市場では緩和縮小を先取りした動きが激しくなっており、特に金利の上昇が著しくなっている。9月縮小開始の思惑が高まり過ぎると、金利の上昇と株価の下落、ドル高などが急激に進み市場が混乱する可能性がある。FRBではこうした動きを強く警戒している可能性が高い。

 今回のFOMC声明で9月に緩和縮小がスタートするのかは不透明になったが、株式市場にはプラスとなる可能性が高い。緩和縮小がスタートすれば、一時的に株価が下落することは市場のコンセンサスとなっている。だが逆に緩和縮小がスタートするまでは上昇が続くと見る関係者が多く、時期がはっきりしなくなったことで、当分はちょっとしたマネーゲームが続くことになるかもしれない。

 - 経済 , , , , , , ,

  関連記事

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

iphone6s
グーグルに対する挑戦状?新型iPhone広告ブロック機能の影響度

 米アップルは2015年9月9日、iPhoneの新製品を発表する。詳細は明らかに …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …