ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会合を終え声明を発表した。早ければ9月からの量的緩和縮小が予想されているが、今回の声明では緩和縮小については言及しなかった。

 今回のFOMC声明は、基本的に現状の金融政策を維持する内容となっており、大きな変更はない。ただ景気の判断をやや下方修正したほか、住宅ローン金利の上昇を警戒する文言が入るなど、景気動向に対してやや、慎重な表現が目立っている。
 同日に発表された米国の4~6月期GDP成長率は年率換算で1.7%と市場の予測を大きく上回った。4~6月期のGDPについては、米国政府の歳出強制削減の影響などから1%を切るとの予測もあった。だが実際には好調な設備投資などを背景に、こうしたマイナス要素を打ち消す形となった。今週末には雇用統計の発表があるが、まずまずの数字となることが予想されている。

 足元の数字が良好であるにも関わらず、FOMC声明がより慎重な表現に後退したのは、市場において早期緩和縮小を前提にした動きが加速することを抑制する狙いがあると考えられる。
 大半の市場関係者はFRB(連邦準備制度理事会)が年内に量的緩和策を縮小すると見ているが、半数は9月など早期の緩和縮小を予想している。このため、市場では緩和縮小を先取りした動きが激しくなっており、特に金利の上昇が著しくなっている。9月縮小開始の思惑が高まり過ぎると、金利の上昇と株価の下落、ドル高などが急激に進み市場が混乱する可能性がある。FRBではこうした動きを強く警戒している可能性が高い。

 今回のFOMC声明で9月に緩和縮小がスタートするのかは不透明になったが、株式市場にはプラスとなる可能性が高い。緩和縮小がスタートすれば、一時的に株価が下落することは市場のコンセンサスとなっている。だが逆に緩和縮小がスタートするまでは上昇が続くと見る関係者が多く、時期がはっきりしなくなったことで、当分はちょっとしたマネーゲームが続くことになるかもしれない。

 - 経済 , , , , , , ,

  関連記事

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

imf
IMFが経済見通しを発表。なぜか日本が世界経済の機関車役に

 国際通貨基金(IMF)は4月16日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …