ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会合を終え声明を発表した。早ければ9月からの量的緩和縮小が予想されているが、今回の声明では緩和縮小については言及しなかった。

 今回のFOMC声明は、基本的に現状の金融政策を維持する内容となっており、大きな変更はない。ただ景気の判断をやや下方修正したほか、住宅ローン金利の上昇を警戒する文言が入るなど、景気動向に対してやや、慎重な表現が目立っている。
 同日に発表された米国の4~6月期GDP成長率は年率換算で1.7%と市場の予測を大きく上回った。4~6月期のGDPについては、米国政府の歳出強制削減の影響などから1%を切るとの予測もあった。だが実際には好調な設備投資などを背景に、こうしたマイナス要素を打ち消す形となった。今週末には雇用統計の発表があるが、まずまずの数字となることが予想されている。

 足元の数字が良好であるにも関わらず、FOMC声明がより慎重な表現に後退したのは、市場において早期緩和縮小を前提にした動きが加速することを抑制する狙いがあると考えられる。
 大半の市場関係者はFRB(連邦準備制度理事会)が年内に量的緩和策を縮小すると見ているが、半数は9月など早期の緩和縮小を予想している。このため、市場では緩和縮小を先取りした動きが激しくなっており、特に金利の上昇が著しくなっている。9月縮小開始の思惑が高まり過ぎると、金利の上昇と株価の下落、ドル高などが急激に進み市場が混乱する可能性がある。FRBではこうした動きを強く警戒している可能性が高い。

 今回のFOMC声明で9月に緩和縮小がスタートするのかは不透明になったが、株式市場にはプラスとなる可能性が高い。緩和縮小がスタートすれば、一時的に株価が下落することは市場のコンセンサスとなっている。だが逆に緩和縮小がスタートするまでは上昇が続くと見る関係者が多く、時期がはっきりしなくなったことで、当分はちょっとしたマネーゲームが続くことになるかもしれない。

 - 経済 , , , , , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

index2015
インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …