ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50.9から大幅に上昇し55.4となった。55を超えるのは2年ぶりのことであり、市場の予想を大幅に上回る結果となった。
 また7月31日に発表された4~6月期のGDP成長率も年率換算で1.7%と事前の予想を上回った。米国では歳出の強制削減によって4~6月期の景気は低迷するとの予測が大半だっただけに、良好な数字に市場関係者は驚いている。

 これらの指標の牽引役になっているのは旺盛な設備投資である。企業の新規受注が増加し在庫も減少していることから、多くの企業が今後も好調な受注が続くと判断している。
 このため、追加の設備投資に踏み切るところが増えてきており、経済指標を押し上げる要因になっている。欧州不安が落ち着きを取り戻していることが経営者の心理的負担を軽くしているとの指摘もある。

 これまでの米国経済は旺盛な個人消費に支えられた消費主導の景気回復であった。だが欧州景気の低迷と中国経済の失速で輸出が伸びず、製造業は低迷が続いてきた。製造業の回復が遅れていることで失業率の改善スピードが緩慢なものになっており、これが米国経済最大の弱点にもなっていた。
 今回、製造業の指標が大幅に改善したことで、米国経済に最後に残された足かせがなくなる可能性が出てきた。指標改善が一時的なものではなく、今後も継続するようであれば、米国経済の成長は一気に加速するかもしれない。

 良好な経済指標が続いていることで注目されるのは、やはりFRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略である。7月31日のFOMC(連邦公開市場委員会)の声明では、内容には大きな変化はなく、景気判断を慎重に見ていることを示唆する文言が盛り込まれた。
 バーナンキ議長が今回の良好な経済指標をあらかじめ織り込んでいたのだとすると、あえて慎重なスタンスを強調することで、出口戦略を見越した動きが市場で加速することを防ぐ狙いがあったと考えられる。このまま良好な数値が続けば、FRBが早期の緩和縮小に動く可能性はさらに高まったといえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …