ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50.9から大幅に上昇し55.4となった。55を超えるのは2年ぶりのことであり、市場の予想を大幅に上回る結果となった。
 また7月31日に発表された4~6月期のGDP成長率も年率換算で1.7%と事前の予想を上回った。米国では歳出の強制削減によって4~6月期の景気は低迷するとの予測が大半だっただけに、良好な数字に市場関係者は驚いている。

 これらの指標の牽引役になっているのは旺盛な設備投資である。企業の新規受注が増加し在庫も減少していることから、多くの企業が今後も好調な受注が続くと判断している。
 このため、追加の設備投資に踏み切るところが増えてきており、経済指標を押し上げる要因になっている。欧州不安が落ち着きを取り戻していることが経営者の心理的負担を軽くしているとの指摘もある。

 これまでの米国経済は旺盛な個人消費に支えられた消費主導の景気回復であった。だが欧州景気の低迷と中国経済の失速で輸出が伸びず、製造業は低迷が続いてきた。製造業の回復が遅れていることで失業率の改善スピードが緩慢なものになっており、これが米国経済最大の弱点にもなっていた。
 今回、製造業の指標が大幅に改善したことで、米国経済に最後に残された足かせがなくなる可能性が出てきた。指標改善が一時的なものではなく、今後も継続するようであれば、米国経済の成長は一気に加速するかもしれない。

 良好な経済指標が続いていることで注目されるのは、やはりFRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略である。7月31日のFOMC(連邦公開市場委員会)の声明では、内容には大きな変化はなく、景気判断を慎重に見ていることを示唆する文言が盛り込まれた。
 バーナンキ議長が今回の良好な経済指標をあらかじめ織り込んでいたのだとすると、あえて慎重なスタンスを強調することで、出口戦略を見越した動きが市場で加速することを防ぐ狙いがあったと考えられる。このまま良好な数値が続けば、FRBが早期の緩和縮小に動く可能性はさらに高まったといえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …