ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避地)における資産隠匿者リストが国内でもちょっとした話題になっている。
 同団体は2013年4月、各国の報道機関と協力し46カ国、86人のジャーナリストを動員して、過去30年にわたる取引の調査を行ったと発表していた。調査の対象となったのは英領ヴァージン諸島など著名な租税回避地への資産隠匿で、170カ国、13万人分の情報があるという(本誌記事「ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税リスト」参照)。

 欧州では租税回避地への資産隠匿が大問題となっており、フランスでは租税回避地に口座を持っていることを隠していた閣僚が辞任するなど政治スキャンダルにも発展している。各国では同団体が公表するリストに誰の名前が掲載されているのかをめぐって戦々恐々となっている。

 同団体は6月からリストの公表を行っており、そこにはフィリピンのマルコス元大統領の娘の名前やロシアの国営企業幹部の名前などが掲載されている。調査対象となっている租税回避地はヴァージン諸島など欧州にとって馴染みのある場所が中心だが、中にはシンガポールなどアジア地域での口座情報もあり、日本人や日本企業の名前も一部掲載されている。

 ただ実際にリストに掲載されている日本人の口座情報を見てみると、不正資産を租税回避地に隠匿というイメージとはかなり異なっているようだ。
 リストには人材派遣やネット事業で有名な日本の上場企業や著名なベンチャーキャピタル会社など、ごく普通の企業名も多く掲載されている。開設された口座は、アジアの現地企業との決済や投資資金の管理に使われているもので、ごく普通の用途と考えられる。当然、税の申告も正しく行われている可能性が高い。高級マンションの一室が住所となっている個人名偽の口座もあるが、名義人の多くは外国人と思われるものである。

 中には日本人の個人名義でかなりの億万長者とおぼしき人物の情報も含まれており、一部は資産隠匿に使われているものなのかもしれない。また、かなり古い中古マンションの一室が指定住所になっているものもあり、こういった名義人は単なる代理人に過ぎず、実際に資金を動かしている人物は別にいる可能性もある。

 全体として言えることは、リストに掲載されている日本人もしくは日本企業の数はかなり少なく、同団体のリストを見る限りでは、海外への資産隠匿はそれほど活発ではないようだ。
 日本はいい意味でも悪い意味でも、金融市場が閉鎖的で海外との取引が少ない。日本が国際的な金融ビジネスでリーダーシップを発揮できない最大の理由でもあるのだが、一方でこういった資産隠匿なども少ないようである。これはポジティブに捉えるべきことなのか、ネガティブに捉えるべきことなのかは、市場開放に対する考え方次第だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …