ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩リードしている。日本はミャンマー向けの債権約3000億円の放棄をいち早く表明しており、来年から円借款を再開することをこのほど決定した。
 日本が各国に先がけてミャンマーの債務問題解決に乗り出すことで、今後のミャンマー開発における主導権を確保したい意向だ。

 だがこの状況を手放しで喜ぶわけにはいかない。本来であれば、日本はミャンマーの民主化と経済開放に関して、もっと強いリーダーシップを発揮できる立場だったはずなのである。

 太平洋戦争中、日本の支援のもとイギリスからの独立戦争を行ったミャンマーは親日意識が強い。もちろん単純に日本が好きというわけではない。ミャンマー人は非常にしたたかであり、旧宗主国のイギリスと中国の影響力のバランスを取るため、日本を活用しようと意識が非常に強いのだ。
 つまり日本はミャンマーとの利害がよく一致する国なのである。

 だがこれをよく思わないのが欧米各国である。ビルマ独立運動の父であるアウンサン将軍は何者かに暗殺され(英国諜報部が関与しているといわれる)、その娘であるアウンサン・スーチー氏は英国で教育を受けた。スーチー氏が行ってきた民主化運動は、単なる民主化運動ではなく、解放後のミャンマー利権の獲得を狙った欧米各国の意向が強く働いている。

 ミャンマーの軍事政権が鎖国状態を続けてきたのは、スーチー氏を通じて、欧米の支配下に入ることを嫌ったからだ。

 本来であれば、ここで日本がミャンマーの民主化と経済開放でリーダーシップを取ることができる余地があった。だが欧米各国がスーチー氏を通じてミャンマーの非民主的な政策を非難し、対外開放を迫った際には、日本はただそれに追随するだけであった。

 無知な日本のマスコミは、欧米によるミャンマー批判が強まった時には、スーチー氏を純真無垢な民主活動家としてヒーロー扱いし、一転、欧米主導で経済開放が決まったら、今度はミャンマー進出に乗り遅れるな!と愚かな報道ばかりしている。

 今回のミャンマーとの関係強化は日本外交の成果ではなく、先方の意向が強く働いているということを忘れてはならない。

 - 政治, 経済

  関連記事

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

euuk
EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行 …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …