ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通しを明らかにした。物価の影響を考慮した実質GDP成長率は2.8%とし、2月に閣議決定した政府経済見通しから0.3ポイント上方修正した。物価の上昇を考慮しない名目GDPは2.6%にとどまる見込みで、2013年度中はデフレが継続すると予想している。また消費税増税が予定されている2014年度については、実質成長率が1.0%と大幅にダウンすると試算した。

 2013年度の実質GDPは、個人消費や住宅購入の伸びが見込まれるため、前回見通しから上方修正となった。ただ数字全体としては今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の効果が大きく、公共事業に依存した経済成長といえる。また民間の設備投資は前回見通しよりも伸び率を下方修正しており、企業の設備投資が予想通りには伸びていないことを伺わせる。

 2014年4月に予定されている消費税の8%への増税については、足元の良好なGDPの数字だけから判断すれば、予定通り増税になる可能性が高い。問題は2015年10月に予定されている10%への引き上げである。
 今回、明らかになった試算では2014年度のGDP成長率は1.0%となり、2013年度と比較すると大幅なダウンとなる。成長率が低下する中で8%への引き上げと10%への引き上げ決定を実施しなければならない。
 また2014年度の名目成長率は3.1%となっており、物価上昇が顕在化するという前提になっている。消費者物価指数の伸びは3.3%と試算されており、この水準になるとインフレを実感する国民も増えてくる可能性が高い。

 経済財政諮問会議には中期財政計画も提出されている。消費税増税が最終決定されていないので具体的な数値は流動的な面があるが、社会保障費の自然増もあることを考えると、2014年度以降の予算で大型の公共事業は実施しにくい状況にある。来年以降は、低成長とインフレに加え、消費増税が予定通りであれば増税というトリプルパンチになりそうである。

 - 経済 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201409
9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数 …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …