ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表した。それによると国内大企業における2013年度の設備投資予定額は15兆9454億円となり2012年度の実績から10.3%増加する見通しとなった。2ケタの伸び率となるのは1991年以来22年ぶり。

 これまでアベノミクスは株高を背景とした個人消費への刺激が中心となっており、企業の設備投資にまで結びついていなかった。設備投資に回復の兆しが出てきたことで、アベノミクスの効果が実体経済に波及する道筋が見えてきた。

 だが数字をより細かく見てみると、必ずしも手放しで喜べる状況とはいえない。約16兆円の設備投資のうち、3分の2を占めているのは非製造業であり、製造業の設備投資は5兆円程度に過ぎない。しかも非製造業のうち、伸び率が大きい分野は、小売、卸売り、不動産、運輸など特定分野に偏っている。

 小売や卸売りの設備投資が活発なのは、コンビニやスーパーなどの新規出店が増加していることが主な原因と思われる。これは従来と同様、個人消費が増加していることを背景としたもので、大きな変化とはいえない。一方、不動産、運輸の増加については、公共事業による効果(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)も大きいと考えられる。

 一方、製造業については、設備投資の絶対額で自動車が大きく牽引する一方、伸び率では石油関連分野がリードした。自動車は北米向けの輸出が好調であることが主な要因と考えられる。石油については、製油所の閉鎖や合併などに伴う設備更新という意味合いも強く、それほど前向きなものではない。また製造業全体としては、調査開始以来、初めて「設備の維持・補修」が「能力増強」を上回った。生産力を増強させるための投資ではなく、現状維持にとどまっている企業が多いことをうかがわせる。

 結局のところ、個人消費と公共事業、自動車に依存した状態であることに変わりはなく、基本的な経済構造は大きく変化していない。公共事業への依存度が高い分野については、来年度以降、金額が減少する可能性もある。設備投資が復活したと判断するためには、自動車以外の製造業分野において、もう一段の拡大が必要になるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …