ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費増税は両立できる」との見解を明らかにした。消費増税を延期しようという政府与党内の一部の動きを牽制した格好だ。各紙には黒田総裁が「経済成長に自身を示した」といった内容の見出しが並んだが、量的緩和を実施中の中央銀行総裁という立場や、発言の詳細などを考慮すれば、この発言はある程度割り引いて考える必要がある。

 まず重要なのは黒田氏は「景気回復と消費税増税は両立する」とは言っていない点である。現状の景気認識に自信を示す発言は行っているが、消費税との関連で言及したのは、あくまでデフレとの関係である。理論的には中央銀行による資金供給を継続すれば、程度はともかく物価を上昇させることは可能である。だがその時に実質GPDの成長を伴っているのかは定かではない。

 もうひとつは、現在、日銀は異例の水準の国債買い入れを行っているという事実である。日銀は国債市場の7割の国債を買い入れているが、それは既発債の借り換え分も含んだ数字である。政府が発行する新規国債についていえば日銀はすべての額を買い取っている計算になる。これは見方によっては日銀による財政ファイナンス(中央銀行がお金を刷って政府の赤字を補填すること。ハイパーインフレにつながるリスクがある)ということにもなりかねない。

 国際的な金融市場でそのようにみなされていないのは、日本が2020年度までに基礎的財政収支を黒字にすると事実上、国際公約しているからである。現在の日本の歳出は7割が社会保障費や国債費、地方交付税交付金などで占められており、年金を大幅減額するなどの措置を取らない限りは、歳出削減で財政再建を実施することは難しい。必然的に財政再建の公約を実現するためには、消費税を大幅増税する必要があり、日本は事実上、消費税の増税を公約してしまっている状況なのだ。

 だが逆にいうと、消費増税の公約が存在していることが財政再建が可能という根拠になっており、この前提が崩れてしまうと、日銀の量的緩和が即座に財政ファイナンスと見なされてしまう可能性がある。このため黒田氏は口が裂けても「消費税の導入は慎重に」とは発言できないのである。

 当初は日銀の物価目標の実現は困難とみる市場関係者が多かったが、最近は輸入価格の上昇などで商品の値上がりも目立つようになってきた。景気回復が伴っているかは別問題として、一部の市場関係者は2%という物価目標の実現も不可能ではないと考えるようになってきている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …