ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費増税は両立できる」との見解を明らかにした。消費増税を延期しようという政府与党内の一部の動きを牽制した格好だ。各紙には黒田総裁が「経済成長に自身を示した」といった内容の見出しが並んだが、量的緩和を実施中の中央銀行総裁という立場や、発言の詳細などを考慮すれば、この発言はある程度割り引いて考える必要がある。

 まず重要なのは黒田氏は「景気回復と消費税増税は両立する」とは言っていない点である。現状の景気認識に自信を示す発言は行っているが、消費税との関連で言及したのは、あくまでデフレとの関係である。理論的には中央銀行による資金供給を継続すれば、程度はともかく物価を上昇させることは可能である。だがその時に実質GPDの成長を伴っているのかは定かではない。

 もうひとつは、現在、日銀は異例の水準の国債買い入れを行っているという事実である。日銀は国債市場の7割の国債を買い入れているが、それは既発債の借り換え分も含んだ数字である。政府が発行する新規国債についていえば日銀はすべての額を買い取っている計算になる。これは見方によっては日銀による財政ファイナンス(中央銀行がお金を刷って政府の赤字を補填すること。ハイパーインフレにつながるリスクがある)ということにもなりかねない。

 国際的な金融市場でそのようにみなされていないのは、日本が2020年度までに基礎的財政収支を黒字にすると事実上、国際公約しているからである。現在の日本の歳出は7割が社会保障費や国債費、地方交付税交付金などで占められており、年金を大幅減額するなどの措置を取らない限りは、歳出削減で財政再建を実施することは難しい。必然的に財政再建の公約を実現するためには、消費税を大幅増税する必要があり、日本は事実上、消費税の増税を公約してしまっている状況なのだ。

 だが逆にいうと、消費増税の公約が存在していることが財政再建が可能という根拠になっており、この前提が崩れてしまうと、日銀の量的緩和が即座に財政ファイナンスと見なされてしまう可能性がある。このため黒田氏は口が裂けても「消費税の導入は慎重に」とは発言できないのである。

 当初は日銀の物価目標の実現は困難とみる市場関係者が多かったが、最近は輸入価格の上昇などで商品の値上がりも目立つようになってきた。景気回復が伴っているかは別問題として、一部の市場関係者は2%という物価目標の実現も不可能ではないと考えるようになってきている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

chansonteku
粛正された北朝鮮No2チャン・ソンテク氏の連行場面は、わざわざ撮影された?

 北朝鮮のナンバー2であった張成沢(チャンソンテク)国防委員会副委員長が粛正され …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …