ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログラムの見直しを行うと発表した(写真)。米情報機関による国民監視システムの存在を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の事件を受けての措置だが、オバマ大統領は、監視プログラムの改革は以前から計画されていたものであることを強調した。

 オバマ大統領が発表した改革案は主に4つの項目で構成される。
 まずひとつは、政府による情報監視の根拠とされる愛国者法第215条の見直しを議会とともに実施するというもの。愛国者法215条は、捜査機関が通話記録やネット閲覧記録などを必要に応じて自由に収集できることの根拠とされている。同条項をめぐっては、以前から政府による拡大解釈の問題が指摘されていた。
 二つ目は、外国情報活動監視裁判所に個人情報収集の専任の部署を設置するというもの。同裁判所は1978年に成立した外交情報監視法に基づいて設立されたもので、諜報活動分野について専門的に令状を出す役割を持つ。ただ実際には捜査機関よる無制限の捜査を追認してきたとして、その存在や役割に対して疑問の声も上がっている。
 三つ目は、NSA(国家安全保障局)内部に個人情報対策専門の部署を設置すること、最後は政府の情報監視を外部の専門家にチェックさせるというものである。

 愛国者法215条の見直しについては、実施されれば相応の効果が得られる可能性が高いが、残り3つの効果は乏しいとみる関係者は多い。そもそもこうした情報監視活動について内部のチェック機能は働きにくいからだ。オバマ大統領は、スノーデン氏が暴露した国民監視活動は必要不可欠との立場を崩しておらず、改革プログラムが具体的に動き始めても大きな変化にはならない可能性が高い。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

jinminnippou
中国がとうとう沖縄の領有権まで主張?。米国への危険なラブコールか?

 中国共産党の機関紙である人民日報は5月8日、「沖縄の領有権についてはまだ解決し …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …