ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資の先行指標といわれ多くの関係者が注目している。結果は主要指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比2.7%減となった。10.5%という大幅なプラスとなった先月の反動とみられる。

 減少幅は小さかったものの、設備投資がマイナスになったことで、今後の景気見通しについては、まだ流動的な状況が続くことになる。
 8月12日には消費税増税の目安となる4~6月期のGDP速報値が発表された(正式には9月9日に発表となる確定値が消費税増税の目安となる)。
 市場予想は下回ったものの、公共事業の効果からまずまずの数値だったが、内訳を見ると設備投資の不透明さが浮き彫りになっている。消費税増税の焦点は、足元の景気動向から、設備投資を軸とした今後の景気見通しに移ってきている(本誌記事「注目の4~6月期GDPは実質で2.6%、改定値もこの水準であれば消費税増税?」参照)。

  今回、指標がマイナスとなったのは非製造業の数値が大きく落ち込んだからである。6月の数値は製造業が2.4%増だったのに対して非製造業は17.5%のマイナスであった。非製造業の設備投資はバラツキが大きく、月ごとの増減が激しい。今回のマイナスがただちに全体のトレンド低下を意味しているわけではない。

 ただ逆にいうと、このことは、設備投資の指標は製造業ではなく、非製造業の動向に大きく左右されているということでもある。機械受注の統計はこれまで製造業の影響が大きく、数値が大きくブレることはあまりなかった。だが最近では相対的に非製造業の設備投資額が増加してきており、指標の動きも非製造業に左右されるようになってきた。
 日本は成熟国家になりつつあり、製造業の地位低下はある意味で時代の流れともいえる。非製造業が中心となって設備投資をリードすることは悪いことではないが、現実の経済システムや政策はその流れに追いついていない。基本的に製造業の設備投資が復活しないと、景気が回復しないと認識されている。その意味では、製造業の設備投資は長期にわたって横ばいが続いており、状況はあまり改善していないことになる。

 分野別では、基本的に自動車がリードするという構造に変わりはない。これまで大きく落ち込んでいた電機に回復の傾向が見られるほか、精密機械も上昇した。これらは基本的に米国の景気回復に大きく依存している。一方内需を反映するITは下落トレンドが続いている。

 現在、永田町は夏休みモードに入り閑散としている。だが夏休み明けには、消費税増税をめぐって、今後の設備投資動向やその対策に焦点が当たることになるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …