ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正規雇用で働く労働者は1881万人となり、四半期ベースでは集計開始以来最多となった。一方、正社員として働く労働者の数は、3317万人で前年同期と比較して53万人減少した。労働者の総数は増えているものの、正社員が減り、非正規社員が増加している実態が明らかになった。

 男性の非正規労働者がその雇用形態を選んだ理由としてもっとも多かったのは「正規の仕事がないから」というもので全体の3割を占めている。一方女性は「家計の補助」でこちらも約3割を占めている。
 男性は正社員としての採用を望んでいてもそれが実現せず、女性は専業主婦が多いという現実を如実に表しているといえるだろう。
 日本では正社員の解雇が事実上禁止されているため、企業はいつでも解雇できる非正規雇用の割合を増やしてリスクを回避しようとしている。また非正規雇用の増加は全体的な賃金を抑制するという結果をもたらすことになる。

 アベノミクスによって物価の上昇が予想される中、政府は、業界団体に異例の賃上げを要請するなど、アベノミクスが実質的な賃下げにつながらないよう必死になっている。だが現実には、今回の非正規雇用の増加に見られるように、実質的な賃金の切り下げにつながる現象が相次いでいる。

 伊藤忠商事は夜間の残業を原則禁止とし、残業の朝型化を進める方針を発表した。早朝に残業をシフトすれば、始業時間という制約があるため、実質的に残業時間を減らすことができる。これによって会社全体の労働コストは大幅に減少することが予想される。
 従来は一部の専門職に適用されていた裁量労働制を、それ以外のホワイトカラーにも実質的に適用する新しい制度について、政府が複数の大企業に打診しているとの報道もある。裁量労働制の恩恵を受けるのは一部のプロフェッショナルだけであり、多くの社員にとっては残業代の減少という形でその影響が顕在化してくる。

 こうした制度の導入は、結果的に賃金の抑制と非正規雇用の増加につながっていく可能性が高い。それは企業の側が、現在議論されている雇用制度改革においては、思い切った雇用の流動化にまでは踏み切らないと考えているからだ。
 日本の正社員の待遇は、非正規社員に比べてかなり高い。企業にとっては、正社員は終身の雇用保証に加えて、給与、賞与、退職金のすべてを負担しなければならない。企業が正社員の採用を抑制し、非正規社員を増加させるのはある意味で経済合理的な選択といえる。というよりも、むしろ日本の労働政策は、正規社員の待遇を維持することに主眼が置かれていると言っても過言ではないのだ。

 雇用の流動化が進まず、正社員に対する高待遇を維持するという現在の労働政策が続く限りは、非正規社員の増加と正社員に対する賃金抑制策が引き続き適用されていくことになるだろう。
 事実上の身分制度になっている正規社員と非正規社員の格差縮小をセットにしない限りは、アベノミクスの賃上げ策はうまく機能しない可能性が高い。

 - 政治, 社会, 経済 , , , , ,

  関連記事

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

bukkajoushou
物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …