ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉納するにとどめる。日本の歴史認識について強く批判している中国と韓国に対して一定の配慮を示した格好だ。

 安倍氏が8月15日に靖国神社を参拝しない可能性は以前から指摘されていた。それは中国や韓国に対する外交姿勢というよりも、今後の政権運営をにらんだ現実的な選択といえる。

 安倍政権は、秋の臨時国会において消費税の増税と集団的自衛権に関する憲法解釈の見直しという、歴代内閣の中でもトップクラスの重要案件を抱えることになる。この二つは今後の政権運営にとって極めて重要であり、政権の将来を左右する。長期政権が見え始めている今、可能な限り、政権維持にとってマイナスとなる事態を避けておきたいというのが本音だろう。

 安倍氏にとって追い風となっているのは、時間がたっぷりあることだ。参院選に勝利したことで、しばらくは重要な国政選挙から解放される。だがこの間に、消費税の増税、集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し、さらにはアベノミクスの成長戦略の策定と財政再建という極めて大きな政治課題をクリアしなければならない。
 特に消費税の増税は、下手をすると政権の命取りになりかねないデリケートな問題である。9月9日のGDP確定値を元に判断することになるが、ここで8%の増税を決めても、その後2015年10月には10%への増税が待っている。足元のGDPは補正予算による公共事業の効果でよい数値が出ているが、来年度のGDPは大きく減少することが予想されている。10%への増税も難儀する可能性が高い。

 もし秋の臨時国会で消費税の増税と集団的自衛権の解釈問題に一定のメドがつき、来年度の景気がそこそこの状態を維持できれば、政権基盤はかなり強力なものになるだろう。
 中国や韓国に対する外交問題や憲法改正といったテーマは、その後に浮上してくる可能性が高い。しばらくの間は、安倍氏による現実的な選択が続くことになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

00002
米大統領選挙、2回目のTV討論会が先ほどスタート。今回も何故かオバマの表情は固い

 米大統領選挙の2回目のTV討論会が先ほどスタートした。場所はニューヨーク州のホ …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …