ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉納するにとどめる。日本の歴史認識について強く批判している中国と韓国に対して一定の配慮を示した格好だ。

 安倍氏が8月15日に靖国神社を参拝しない可能性は以前から指摘されていた。それは中国や韓国に対する外交姿勢というよりも、今後の政権運営をにらんだ現実的な選択といえる。

 安倍政権は、秋の臨時国会において消費税の増税と集団的自衛権に関する憲法解釈の見直しという、歴代内閣の中でもトップクラスの重要案件を抱えることになる。この二つは今後の政権運営にとって極めて重要であり、政権の将来を左右する。長期政権が見え始めている今、可能な限り、政権維持にとってマイナスとなる事態を避けておきたいというのが本音だろう。

 安倍氏にとって追い風となっているのは、時間がたっぷりあることだ。参院選に勝利したことで、しばらくは重要な国政選挙から解放される。だがこの間に、消費税の増税、集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し、さらにはアベノミクスの成長戦略の策定と財政再建という極めて大きな政治課題をクリアしなければならない。
 特に消費税の増税は、下手をすると政権の命取りになりかねないデリケートな問題である。9月9日のGDP確定値を元に判断することになるが、ここで8%の増税を決めても、その後2015年10月には10%への増税が待っている。足元のGDPは補正予算による公共事業の効果でよい数値が出ているが、来年度のGDPは大きく減少することが予想されている。10%への増税も難儀する可能性が高い。

 もし秋の臨時国会で消費税の増税と集団的自衛権の解釈問題に一定のメドがつき、来年度の景気がそこそこの状態を維持できれば、政権基盤はかなり強力なものになるだろう。
 中国や韓国に対する外交問題や憲法改正といったテーマは、その後に浮上してくる可能性が高い。しばらくの間は、安倍氏による現実的な選択が続くことになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …