ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯はこれまで幾度となく議論されてきたが、経済的な側面についてはあまり焦点が当たっていなかった。
 太平洋戦争にはどの程度の戦費が投入され、日本経済に与える影響はどのくらいあったのだろうか?日本の安全保障をめぐる環境が大きく変化している今、戦争の経済的な側面に関する知見がより重要になってきている。

 太平洋戦争(日中戦争を含む)に投入された戦費総額は当時の金額で約1900億円といわれている。
 日中戦争開戦当時の国家予算(一般会計)は27億円程度であり、戦費総額は国家予算の70倍を超えている。GDP(当時はGNP)比では8.5倍の規模であり、現在の状況に当てはめると4000兆円もの国費を投入した計算になる。

 もっともこの中には、占領地域に設立された日本の国策金融機関が現地通貨を直接発行して用立てた戦費が含まれている。アジア各国はこの影響でハイパーインフレになっており、実質ベースではもっと少なかった可能性もあるが、いずれにしても天文学な数字であることは間違いない。

 この金額を日清戦争や日露戦争と比較すると太平洋戦争の無謀さが分かる。日清戦争の戦費は約2億3000万円、日露戦争の戦費は約18億円であった。GNP比では、日清戦争が0.7倍、日露戦争は0.6倍である。大きな出費とはいえ、無理のない範囲で戦争を実施している。
 特に日露戦争の戦費については、ほぼ全額、当時の金融中心地であったロンドンで調達されている。今で言えばゴールドマン・サックスといった一流の投資銀行が日本の戦費引受のディールに参加しており、金融市場とのコミュニケーションは完璧であった。日露戦争に勝利できたのは、日本海海戦や奉天会戦の勝利に加え、こうした金融面のサポートがうまく機能したからである。
 これに対して太平洋戦争は国力の範囲を完全に逸脱している。日本の2倍以上の戦費を投入したにもかかわらず、GDPの3倍程度のインパクトしかなかった米国に対して勝ち目がないのはある意味で当然の結果であった。

 国内で調達された戦費のほとんどは日銀による国債の直接引き受けで賄われた。現在の量的緩和策を際限なく実施したようなものである。このため戦時中からインフレが進み物価の高騰が進んでいる。終戦を迎え、貨幣価値の消滅は準ハイパーインフレという形で顕在化したが、戦時中から比較すると消費者物価は100倍近くまで上昇した。
 皮肉なことに、このインフレの結果、国債で調達された戦費の実質的価値は大幅に減額された。最終的にはインフレという形で国民の資産をすべて犠牲にして戦費の帳尻が合ったことになる。

 米国は戦後、ベトナム戦争やイラク戦争という大きな戦争を遂行しているが、それぞれの戦費はGDP比で10分の1程度であり、経済的に大きなインパクトはない。現代の戦争はハイテク化が進んでおり、経済力との相関性はますます高まっている。経済力のある国が、より有利に戦争を進められるという状況は今後さらに加速しそうである。
【関連記事】
戦争と経済の真実-戦争にはどのくらいお金がかかるのか?」(The Capital Tribune Japan)
太平洋戦争当時、株価はどう動いたのか?」(The Capital Tribune Japan)

■PR■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
専門アナリストが貴重な歴史データから検証した他では得られない情報です。
・終戦直後ハイパーインフレ期における株価と不動産価格(日本)
ドイツ、ハイパーインフレ下の株式市場
太平洋戦争の時、株価はどう動いたのか?
戦争にはどのくらい費用がかかるのか?    レポート価格:各250円━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

euhonbu
紛糾するEU予算交渉。日本の自民党政権下におけるバラ撒きとタカリ構造そのもの

 EUが策定する2014年から2020年までの7年間の長期予算について紛糾してお …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …