ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のGDP成長率を発表した。大方の予想に反して前期比で0.3%、年率換算では1.1%の増加となった。プラス成長になるのは7四半期ぶり。欧州問題の根本的な解決にはほど遠いものの、当面の経済情勢としては底入れが見えてきた可能性が指摘されている。

 このところ、欧州のGDP成長率は過去最悪の状況が続いていた。2013年1~3月期におけるユーロ圏17カ国のGDP成長率は前期比マイナス0.2%、EU27カ国の成長率もマイナス0.1%であった。

 欧州危機が表面化して以降、ドイツを中心に好調な経済が続く北部プロテスタント圏に対して、スペイン、イタリアなど債務問題を抱える南部カトリック圏が足を引っ張るという構図が明確になっていた。特に主要国であるフランスがマイナス成長となっている影響が大きく、ここ半年はドイツもその状況に引っ張られ、昨年の10~12月期にはマイナス成長に転じたこともあった。

 このままでは好調なドイツまで失速してしまうとの懸念が高まっていたが、今回の発表ではそれがだいぶ打ち消された。ドイツはプラス0.7%、フランスがプラス0.5%という良好な数字だったからである。スペインはマイナス0.1%、イタリアはマイナス0.2%と依然低調だが、ドイツ、フランスという主要国が大幅プラスになったのは大きい。

 欧州の景気動向は日本にとってはそれほど重要ではないとされてきたが、最近では状況が異なっている。欧州の動向は米国経済と中国経済に大きな影響を与えているのだが、現在の日本経済は米国の景気回復に大きく依存しているほか、中国の失速懸念が大きな不安材料になっているからである。

 米国経済は好調な内需に支えられ順調に回復が進んでいる。だが唯一の懸念材料が製造業である。製造業は国際的に展開する企業が多く、欧州景気が一向に良くならないことから設備投資に二の足を踏んでいた。このところ米国の製造業の設備投資が増加してきているが、これは欧州動向を楽観視する経営者が増えてきていることが原因と考えられている。欧州の底入れが鮮明になれば、米国経済の回復にもさらに弾みがつくだろう。
 中国にとってもそれは同様である。欧州は米国と並んで中国の最大の貿易相手である。中国は不動産の過剰融資からバブル崩壊の危険性が指摘されている。中国経済が失速を回避するためには、製造業の生産回復がカギとなるが、それは欧州の景気次第である。

 欧州の失業率は依然として高水準で、構造的な問題は何も解決していない。だが、失業率もあまりに高い水準となっていることから、状況は、これ以上悪くなりようがないといった半ば投げやりな見方も出ていたが、それを裏付ける形となった(本誌記事「もうここからは下がりようがない?欧州失業率に下げ止まりの兆候」参照)。とりあえず底入れが確認されれば、世界経済にとっての影響は極めて大きいといえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …