ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者に2世候補がぞくぞくと名乗りを上げていると読売新聞が報じている。

 武部勤元幹事長の長男で秘書の武部新氏は北海道12区の公募に当選した。また引退を表明した福田康夫元首相の長男や、同じく引退を表明している中川秀直元幹事長の次男も公募にエントリーする予定だ。

 自民党は、09年の政権公約で「3親等以内は公認しない」と世襲制限を盛り込んだが、公募の場合はその限りでないとして、事実上世襲を容認している。今回の自民党総裁選においても、出馬した全員が2世議員なのだから、そもそも2世禁止など茶番劇といえよう。

 では2世議員が批判を受けているにも関わらず、なくならないのは何故なのか?。後援会の利権の存在などともっともらしい報道がなされているが実際は違う。
 2世議員の誕生を強く望んでいるのは、むしろ有権者なのである。ある自民党議員の後援会の会員によれば「議員の先生の息子というだけで有権者の反応がぜんぜん違う」のだという。有権者の受けがいい人を選挙に出すのはむしろ当然のことであろう。

 つまり日本人の多くは2世議員が大好きなのだ。日本は見かけは近代的な工業国家だが、中身は中世のムラ社会からまったく進化していない。
 世襲議員を批判している国民も、ひとたび自分のことになるとダブルスタンダードになることも多い。表向きは文句を言いながら、陰ではコネ入社の社員に媚を売っていたりする。国民自身が地縁血縁や権威が大好きなのであれば、どうしてこれを変えることができよう。

 政治家と官僚は国民を映す鏡である。国民の能力以上の政治家や官僚が出現する可能性はほぼゼロに近いのだ。

 - 政治

  関連記事

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …