ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者に2世候補がぞくぞくと名乗りを上げていると読売新聞が報じている。

 武部勤元幹事長の長男で秘書の武部新氏は北海道12区の公募に当選した。また引退を表明した福田康夫元首相の長男や、同じく引退を表明している中川秀直元幹事長の次男も公募にエントリーする予定だ。

 自民党は、09年の政権公約で「3親等以内は公認しない」と世襲制限を盛り込んだが、公募の場合はその限りでないとして、事実上世襲を容認している。今回の自民党総裁選においても、出馬した全員が2世議員なのだから、そもそも2世禁止など茶番劇といえよう。

 では2世議員が批判を受けているにも関わらず、なくならないのは何故なのか?。後援会の利権の存在などともっともらしい報道がなされているが実際は違う。
 2世議員の誕生を強く望んでいるのは、むしろ有権者なのである。ある自民党議員の後援会の会員によれば「議員の先生の息子というだけで有権者の反応がぜんぜん違う」のだという。有権者の受けがいい人を選挙に出すのはむしろ当然のことであろう。

 つまり日本人の多くは2世議員が大好きなのだ。日本は見かけは近代的な工業国家だが、中身は中世のムラ社会からまったく進化していない。
 世襲議員を批判している国民も、ひとたび自分のことになるとダブルスタンダードになることも多い。表向きは文句を言いながら、陰ではコネ入社の社員に媚を売っていたりする。国民自身が地縁血縁や権威が大好きなのであれば、どうしてこれを変えることができよう。

 政治家と官僚は国民を映す鏡である。国民の能力以上の政治家や官僚が出現する可能性はほぼゼロに近いのだ。

 - 政治

  関連記事

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

h2a
偵察衛星打ち上げに成功。スタートから10年でようやく常時運用体制が整う

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、政府の情報収集衛星「レー …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …