ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者に2世候補がぞくぞくと名乗りを上げていると読売新聞が報じている。

 武部勤元幹事長の長男で秘書の武部新氏は北海道12区の公募に当選した。また引退を表明した福田康夫元首相の長男や、同じく引退を表明している中川秀直元幹事長の次男も公募にエントリーする予定だ。

 自民党は、09年の政権公約で「3親等以内は公認しない」と世襲制限を盛り込んだが、公募の場合はその限りでないとして、事実上世襲を容認している。今回の自民党総裁選においても、出馬した全員が2世議員なのだから、そもそも2世禁止など茶番劇といえよう。

 では2世議員が批判を受けているにも関わらず、なくならないのは何故なのか?。後援会の利権の存在などともっともらしい報道がなされているが実際は違う。
 2世議員の誕生を強く望んでいるのは、むしろ有権者なのである。ある自民党議員の後援会の会員によれば「議員の先生の息子というだけで有権者の反応がぜんぜん違う」のだという。有権者の受けがいい人を選挙に出すのはむしろ当然のことであろう。

 つまり日本人の多くは2世議員が大好きなのだ。日本は見かけは近代的な工業国家だが、中身は中世のムラ社会からまったく進化していない。
 世襲議員を批判している国民も、ひとたび自分のことになるとダブルスタンダードになることも多い。表向きは文句を言いながら、陰ではコネ入社の社員に媚を売っていたりする。国民自身が地縁血縁や権威が大好きなのであれば、どうしてこれを変えることができよう。

 政治家と官僚は国民を映す鏡である。国民の能力以上の政治家や官僚が出現する可能性はほぼゼロに近いのだ。

 - 政治

  関連記事

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

chinahodokan00
尖閣は「核心的利益」との中国側発言は確信犯か勇み足か?

 中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は4月26日、定例記者会見において、尖閣諸島 …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

kyosho2015
オバマ大統領の一般教書演説。もっともリベラルな内容との指摘も

 米国のオバマ大統領は2015年1月20日、米議会において一般教書演説を行った。 …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …