ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆240億円の赤字となっ た。6月は赤字幅が大きく減少していたが、7月に入って状況は一転、7月としては過去最大の赤字となった。赤字は13カ月連続となる。円安と猛暑の影響でエネルギー輸入額が増加したのが主な原因。

 輸入額は前年同月比19.6%増の6兆9860億円となり、増加は9カ月連続。一方、輸出額は前年同月比12.2%増の5兆9620億円にとどまった。輸出も増加したが、それ以上に輸入が増大したことが、貿易赤字を拡大させた。
 もともと夏場は冷房需要などでエネルギー消費が増加しやすい環境にある。ただ季節調整済みの数値を見ても、赤字幅が拡大していることを考えると、必ずしも猛暑による影響だけとは言いにくい部分がある。やはり円安によって輸入価格が増大している影響が大きいようである。

 日本が恒常的な貿易赤字体質になってから1年以上が経過した。当初はJカーブ効果に代表されるような、単なるタイミングのズレが問題であり、いずれ円安の効果が輸出にも及び、収支は改善するとの希望的観測が支配していた。だが日本の製造業の競争力は着実に低下してきており、輸入の伸びに対して輸出が追いつかない状況が続いている。
 ここ半年、円安の進展で輸出金額は増加してきたが、数量は減少が続いている。7月の統計を見ると数量減少が下げ止まった兆候も見られるが、一方で価格も低下している。つまり日本メーカーは値引き販売を強いられている可能性が高く、もしそれが事実だとすると、輸出が振るわない状況は今後も継続する可能性が高い。

 ただ、輸出が振るわないことはそれほど悲観する事態ではない。日本はすでに成熟国家のフェーズに入っており、大量生産型の製造業で途上国にキャッチアップされるのは、必然の流れだからである。それは日本の経常収支の状況にもあらわれている。日本の貿易赤字は拡大しているが、国の最終的な収支である経常収支は黒字を維持している。それは日本がこれまでに蓄積した膨大な外貨の運用益が増加しており、貿易赤字を上回っているからである(本誌記事「貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った」参照)。

 今後しばらくは、貿易赤字を投資収益がカバーする状況が継続する。むしろ重要なのは、競争力をなくした途上国型の製造業を保護したり復活させることではなく、小康状態が続く間に日本の産業構造を転換することである。高付加価値型以外の製造業からは撤退し、やがてやってくる債権取崩し時代に備え、外貨を呼び込みやすいよう国内の金融市場を整備する必要がある。またサービス産業を中心とした内需企業を育て、雇用の受け皿にする必要もあるあろう。

 いまのところ政府の成長戦略は輸出を回復させることに主眼が置かれており、従来型の価値観に大きく支配されている。事態の進行に気づくのは早ければ早い方がよい。すでに輸出産業は、かつての農業のように政治力を使って保護的政策を維持するという、排他的業界に変貌しつつある。本当に輸出強化が国是なのか、そろそろ国民的な議論を始める時期に来ているといえるだろう。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

imf201507
IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …