ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月22日に発表した8月のユーロ圏PMI(購買担当者景気指数)は51.3となり前月を1ポイント上回った。ここ2年間ではもっとも高い数値となっている。米国も同様で、米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業景況指数は前月から大幅に上昇し、約2年ぶりの高水準となった。

 米国は現在順調に景気回復が進んでいるが、唯一の足かせになっているのが製造業である。米国経済は堅調な個人消費が牽引しており、基本的に内需主導である。製造業はグローバルに展開する企業が多く、欧州経済の不振が足を引っ張り、好調な米国経済に比して伸び悩みが続いていた。
 だが欧州経済が底入れする見通しが出てきたことから、欧州向け輸出を楽観視する米国企業の経営者が増え、設備投資が増加し始めている。欧州の製造業でも増産が進んでいることを考えれば、相乗効果で両国の製造業の経営環境が大きく改善する可能性が出てきた。

 ユーロ圏における2013年4~6月期のGDP成長率は0.3%となり年率換算では1.1%の増加となった。プラス成長になるのは7四半期ぶりのことである。欧州債務危機問題は、根本的にはまったく解決していない。だが経済は生き物であり、マイナス成長がいつまでも続くわけではない。マクロ的な状況が改善されていなくても、循環的に景気が回復する局面は存在する。欧州はまさにそのタイミングといってよいだろう。

 もし欧州と米国の製造業が順調に回復すれば、現在進行中の、新興国から先進国へというマネーの流れがさらに加速することになるだろう。米国の景気回復とそれにともなうFRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和縮小観測から、新興国からマネーが流出している。現在は新興国通貨から米ドルという流れだが、欧州の一時的な景気回復が鮮明になれば、欧州向けのマネーの流れがこれに加わることになる。もしそうなれば、新興国の為替や株価は長期的にも下落が継続することになる。

 現在、政界経済のアキレス腱となっている中国にとっては、米欧の製造業の好転はプラスとマイナスの両面がある。中国は米国メーカーや欧州メーカーの部品供給基地および製造拠点として機能しており、米欧の製造業が好転すれば、当然中国メーカーにも恩恵をもたらすことになる。
 だが米欧の景気回復は、新興国のひとつである中国からの資金流出を招くという別の側面もある。ただ中国は他のアジア諸国や中南米諸国と異なり、国際的な資金移動に厳しい制限を設けている。このところタイやインドの通貨や株価が暴落していることに比べれば、中国の株価や為替の動きはかなり平穏である。独裁的な統制経済が別な意味で効果を発揮しているようである。

 米欧の製造業が完全に回復していると判断するのはまだ早いが、世界経済のトレンドが大きく動き始めていることだけは間違いない。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
日銀が追加緩和を決定。だが米欧のブッ飛び金融政策にはまったく追いつけず

 日銀は9月19日の金融政策決定会合で、資産買い入れ基金の規模を10兆円増額し、 …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …