ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指すILC戦略会議は8月23日、国内での建設予定地として岩手県の北上山地が最適であるとの見解を明らかにした。今後、同地域への建設を目指して、日本政府や諸外国に働きかけを行っていく。
 ただILCの誘致には4000億円ともいわれる巨額の費用がかかる見込み。しかも地下に長大なトンネルを建設するなど、大型公共事業としての側面があり、財政難の最中にこのような巨額出費に合理性があるのか疑問の声も出ている。

 ILCは、高エネルギーの素粒子の衝突実験を行うため、国際協力によって開発が計画されている次世代加速器。宇宙誕生の謎に迫るためには、粒子を光速に近い速度まで加速して衝突させるための実験施設が必要となる。
 従来は日米欧がそれぞれ独自に施設を建設してきたが、あまりにもコストがかかりすぎるため、国際共同でプロジェクトが進められることになった。日本の研究者グループは、この施設を誘致するため、ILC戦略会議を設置して候補地の選定を進めていた。

 加速器を誘致した国は、ある程度プロジェクトの主導権を握ることができるので、日本に施設を建設できれば、相応の学術成果が見込める可能性が高い。だが問題は巨額の建設費用である。施設の建設には8000億円程度の費用が見込まれている。施設を誘致した国は半分程度を負担するのが常識といわれており、もし日本が誘致した場合には、4000億円もの費用を負担しなければならない。しかも施設は完成後も年間数百億円という巨額の維持費がかかるため、費用総額はもっと大きなものになる。

 日本の財政が非常に厳しい中、数千億円の負担はあまり現実的な数字とはいえない。それでも日本誘致という声が大きいのは、背後に莫大な土建利権が存在しているからだ。
 ILCを建設するためには全長30~50キロという長大なトンネルを山間部に掘る必要がある。建設費の相応の部分がこのトンネル採掘費用に充てられる見込みだ。日本は財政難から公共事業の縮小を続けてきており、公共事業の利益団体から見れば、喉から手が出るほど欲しい案件といえる。また自治体も、研究施設を誘致できれば、地域振興につながることから、誘致を望む声が大きい。

 文部科学省の諮問を受けILC誘致について審議している日本学術会議は、現時点では時期尚早という慎重な見方を崩していない。今後2~3年かけて計画を精査して判断していくことになる。ちなみに、諸外国で誘致に手を上げている国はまだないという。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …