ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指すILC戦略会議は8月23日、国内での建設予定地として岩手県の北上山地が最適であるとの見解を明らかにした。今後、同地域への建設を目指して、日本政府や諸外国に働きかけを行っていく。
 ただILCの誘致には4000億円ともいわれる巨額の費用がかかる見込み。しかも地下に長大なトンネルを建設するなど、大型公共事業としての側面があり、財政難の最中にこのような巨額出費に合理性があるのか疑問の声も出ている。

 ILCは、高エネルギーの素粒子の衝突実験を行うため、国際協力によって開発が計画されている次世代加速器。宇宙誕生の謎に迫るためには、粒子を光速に近い速度まで加速して衝突させるための実験施設が必要となる。
 従来は日米欧がそれぞれ独自に施設を建設してきたが、あまりにもコストがかかりすぎるため、国際共同でプロジェクトが進められることになった。日本の研究者グループは、この施設を誘致するため、ILC戦略会議を設置して候補地の選定を進めていた。

 加速器を誘致した国は、ある程度プロジェクトの主導権を握ることができるので、日本に施設を建設できれば、相応の学術成果が見込める可能性が高い。だが問題は巨額の建設費用である。施設の建設には8000億円程度の費用が見込まれている。施設を誘致した国は半分程度を負担するのが常識といわれており、もし日本が誘致した場合には、4000億円もの費用を負担しなければならない。しかも施設は完成後も年間数百億円という巨額の維持費がかかるため、費用総額はもっと大きなものになる。

 日本の財政が非常に厳しい中、数千億円の負担はあまり現実的な数字とはいえない。それでも日本誘致という声が大きいのは、背後に莫大な土建利権が存在しているからだ。
 ILCを建設するためには全長30~50キロという長大なトンネルを山間部に掘る必要がある。建設費の相応の部分がこのトンネル採掘費用に充てられる見込みだ。日本は財政難から公共事業の縮小を続けてきており、公共事業の利益団体から見れば、喉から手が出るほど欲しい案件といえる。また自治体も、研究施設を誘致できれば、地域振興につながることから、誘致を望む声が大きい。

 文部科学省の諮問を受けILC誘致について審議している日本学術会議は、現時点では時期尚早という慎重な見方を崩していない。今後2~3年かけて計画を精査して判断していくことになる。ちなみに、諸外国で誘致に手を上げている国はまだないという。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

ospray
オスプレイ導入の本質は自衛隊の海外展開能力。そろそろ国民的議論が必要な時期に

 新型輸送機オスプレイ運用をめぐる日米の動きが活発になってきている。米軍と海上自 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

casutorofideru
キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …