ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対する軍事行動の具体的な検討に入った。だがオバマ大統領が依然として軍事行動に慎重であることや、米国の世論が盛り上がっていないことなどから、実現するかどうかは流動的な状況である。

 8月25日、マレーシアを訪問したヘーゲル国防長官は同国に向かう飛行機の中で、オバマ政権の閣僚としては初めてシリアに対する軍事行動の可能性を検討していると述べた。米海軍は駆逐艦マハンを地中海に派遣しており、地中海にはすでに4隻の艦艇が展開する状況となっている。

 ホワイトハウスでは、現在、具体的な攻撃手法について検討が重ねられている。オバマ大統領はこれまで「化学兵器の使用は越えてはならない一線」とし、アサド政権による化学兵器使用が確認されれば、軍事行動も辞さない姿勢を強調していた。
 今回アサド政権が化学兵器を使用したことはほぼ確実といわれていることや、英仏など欧州各国が軍事介入を求めていることなどから、ホワイトハウスも重い腰を上げた格好だ。だが、それでもオバマ大統領は軍事介入に対して、慎重な姿勢を崩していないという。

 その理由は、オバマ大統領自身が中東に対する米国の関与の縮小を望んでおり、シリアへの軍事介入はその動きに逆行すると考えているからである。また現実的な政権運営という観点からも、安易な軍事介入には踏み切らない方が得策との判断がある。それはクリントン政権時代のコソボ空爆の事例が背景にあるといわれている。
 クリントン政権は1999年、内戦状態に陥った旧ユーゴスラビアで激しい人権弾圧を行っていたセルビアに対し、NATO軍を組織して空爆を実施した。コソボ地域からセルビアを撤退させることは成功したが、コソボは破壊し尽くされ大量の難民を生み出す結果となった。また外交的には大きな成果を上げることができなかったことから、軍事介入への効果が疑問視された。特に議論の対象となったのは、米国の国益とはほとんど無縁のバルカン半島地域で、わざわざ軍事介入を行うことの是非であった。

 以前であれば、大量に石油を輸入している米国にとって、中東は世界でもっとも重要な地域のひとつであった。だが近年、米国でシェールガスの開発が進んだことで、米国はエネルギーの輸出国に転じる可能性が高くなってきており、従来の図式が崩れつつある。新しい世界観ではシリアはかつてのユーゴスラビアに近い位置付けということになり、わざわざ介入するメリットは小さいということになる。ホワイトハウスでは、この点を考慮に入れて、コソボ空爆との詳細な比較検討を行っているとされる。

 国内世論の高まりや欧州からの強い要望など、もう一段のアクションがない場合には、オバマ政権は軍事介入に慎重な姿勢を崩さない可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
安倍晋三元首相が自民党総裁に選出。政局のカギは維新の橋下代表に

 自民党総裁選は決選投票の末、安倍晋三元首相が自民党総裁に決定した。安倍氏は10 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

aso03
公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …