ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対する軍事行動の具体的な検討に入った。だがオバマ大統領が依然として軍事行動に慎重であることや、米国の世論が盛り上がっていないことなどから、実現するかどうかは流動的な状況である。

 8月25日、マレーシアを訪問したヘーゲル国防長官は同国に向かう飛行機の中で、オバマ政権の閣僚としては初めてシリアに対する軍事行動の可能性を検討していると述べた。米海軍は駆逐艦マハンを地中海に派遣しており、地中海にはすでに4隻の艦艇が展開する状況となっている。

 ホワイトハウスでは、現在、具体的な攻撃手法について検討が重ねられている。オバマ大統領はこれまで「化学兵器の使用は越えてはならない一線」とし、アサド政権による化学兵器使用が確認されれば、軍事行動も辞さない姿勢を強調していた。
 今回アサド政権が化学兵器を使用したことはほぼ確実といわれていることや、英仏など欧州各国が軍事介入を求めていることなどから、ホワイトハウスも重い腰を上げた格好だ。だが、それでもオバマ大統領は軍事介入に対して、慎重な姿勢を崩していないという。

 その理由は、オバマ大統領自身が中東に対する米国の関与の縮小を望んでおり、シリアへの軍事介入はその動きに逆行すると考えているからである。また現実的な政権運営という観点からも、安易な軍事介入には踏み切らない方が得策との判断がある。それはクリントン政権時代のコソボ空爆の事例が背景にあるといわれている。
 クリントン政権は1999年、内戦状態に陥った旧ユーゴスラビアで激しい人権弾圧を行っていたセルビアに対し、NATO軍を組織して空爆を実施した。コソボ地域からセルビアを撤退させることは成功したが、コソボは破壊し尽くされ大量の難民を生み出す結果となった。また外交的には大きな成果を上げることができなかったことから、軍事介入への効果が疑問視された。特に議論の対象となったのは、米国の国益とはほとんど無縁のバルカン半島地域で、わざわざ軍事介入を行うことの是非であった。

 以前であれば、大量に石油を輸入している米国にとって、中東は世界でもっとも重要な地域のひとつであった。だが近年、米国でシェールガスの開発が進んだことで、米国はエネルギーの輸出国に転じる可能性が高くなってきており、従来の図式が崩れつつある。新しい世界観ではシリアはかつてのユーゴスラビアに近い位置付けということになり、わざわざ介入するメリットは小さいということになる。ホワイトハウスでは、この点を考慮に入れて、コソボ空爆との詳細な比較検討を行っているとされる。

 国内世論の高まりや欧州からの強い要望など、もう一段のアクションがない場合には、オバマ政権は軍事介入に慎重な姿勢を崩さない可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

kitachosenmisairu
北朝鮮がミサイル発射延期。だが日本政府にとっては基本的に他人事

 北朝鮮が発射予告している長距離弾道ミサイルについて、発射が延期される可能性が高 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …