ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対する軍事行動の具体的な検討に入った。だがオバマ大統領が依然として軍事行動に慎重であることや、米国の世論が盛り上がっていないことなどから、実現するかどうかは流動的な状況である。

 8月25日、マレーシアを訪問したヘーゲル国防長官は同国に向かう飛行機の中で、オバマ政権の閣僚としては初めてシリアに対する軍事行動の可能性を検討していると述べた。米海軍は駆逐艦マハンを地中海に派遣しており、地中海にはすでに4隻の艦艇が展開する状況となっている。

 ホワイトハウスでは、現在、具体的な攻撃手法について検討が重ねられている。オバマ大統領はこれまで「化学兵器の使用は越えてはならない一線」とし、アサド政権による化学兵器使用が確認されれば、軍事行動も辞さない姿勢を強調していた。
 今回アサド政権が化学兵器を使用したことはほぼ確実といわれていることや、英仏など欧州各国が軍事介入を求めていることなどから、ホワイトハウスも重い腰を上げた格好だ。だが、それでもオバマ大統領は軍事介入に対して、慎重な姿勢を崩していないという。

 その理由は、オバマ大統領自身が中東に対する米国の関与の縮小を望んでおり、シリアへの軍事介入はその動きに逆行すると考えているからである。また現実的な政権運営という観点からも、安易な軍事介入には踏み切らない方が得策との判断がある。それはクリントン政権時代のコソボ空爆の事例が背景にあるといわれている。
 クリントン政権は1999年、内戦状態に陥った旧ユーゴスラビアで激しい人権弾圧を行っていたセルビアに対し、NATO軍を組織して空爆を実施した。コソボ地域からセルビアを撤退させることは成功したが、コソボは破壊し尽くされ大量の難民を生み出す結果となった。また外交的には大きな成果を上げることができなかったことから、軍事介入への効果が疑問視された。特に議論の対象となったのは、米国の国益とはほとんど無縁のバルカン半島地域で、わざわざ軍事介入を行うことの是非であった。

 以前であれば、大量に石油を輸入している米国にとって、中東は世界でもっとも重要な地域のひとつであった。だが近年、米国でシェールガスの開発が進んだことで、米国はエネルギーの輸出国に転じる可能性が高くなってきており、従来の図式が崩れつつある。新しい世界観ではシリアはかつてのユーゴスラビアに近い位置付けということになり、わざわざ介入するメリットは小さいということになる。ホワイトハウスでは、この点を考慮に入れて、コソボ空爆との詳細な比較検討を行っているとされる。

 国内世論の高まりや欧州からの強い要望など、もう一段のアクションがない場合には、オバマ政権は軍事介入に慎重な姿勢を崩さない可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

keri
中国ベッタリ?国務長官就任が噂されるケリー上院議員の素顔

 米国の大統領選挙が終了し、ワシントンでは次期政権の人事に焦点が移っている。オバ …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …