ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社長が傘下の事業会社である日本マクドナルドの社長退任を決定する。次期社長は米マクドナルド本社から迎え入れ、原田氏は持ち株会社のトップとして、経営戦略全体に専念する。同社はこれまでの原田社長を中心とした体制から米国本社主導の体制に変わる可能性が高い。

 原田氏は、アップル日本法人のトップから業績不振のマクドナルドに転じ、同社をV字回復させた実績を持つ。
 不採算のフランチャイズ店を閉鎖し体力のある事業者に集約、ロイヤリティ収入を 拡大させた。また、商品ラインナップも見直し、「100円マック」などの目玉商品を投入すると同時に、客単価を引き上げ、収益力を改善させてきた。だが競争激化から2012年12月期には減益となり、今期の見通しも減益に下方修正するなど、業績の伸び悩みが目立つようになってきている。
 同社は米国のマクドナルド本社が50%の株式を保有しており、米国本社の意向が経営を大きく左右する。事業会社という現場のトップに米国本社の人間が就任するということは、原田氏の業績に対して米国本社が十分に満足してない可能性を示している。

 だがこれは原田氏の経営手腕に対する評価の違いというよりも、日本市場が世界市場からあまりにも隔絶された環境にあることの象徴といえる。
 原田氏は2004年の社長就任以降、業績不振で赤字を垂れ流していた同社を再建し、飽和市場の中で売上げを30%増加させた。日本基準で考えれば卓越した経営者といってよいだろう。だがグローバル基準ではそのようには映らない。
 原田氏が就任した2004年から現在までの9年間で、米国のGDPは30%増加している。他の先進国も同様であり、新興国の成長率はもっと高い。マック本社の売上げは同期間で45%増加しているが、上場企業のほとんどは最低でもこの水準の成長を株主から強く求められることになる。
 これに対して日本のGDPは同期間で5%も減少している。市場が5%減っていく中で売上げ30%増加は大きな成果かもしれないが、グローバル基準ではまったく評価に値しないのだ。

 同じような状況は、日本アイ・ビー・エムでも起こっている。日本が順調に経済成長していた時代は、日本IBMはIBMグループの優等生と言われ、独自の権限を多く付与されていた。だが世界的にIT市場が大きな伸びを見せる中、日本IBMは売上げを伸ばせず、最近ではグループ全体のお荷物となってしまった。長く続いた日本人社長の慣行はなくなり、現在は外国人が社長を務めている。

 外国人社長が本社からやってきて、テコ入れをするということは、まだ市場の潜在力に対する期待が存在することを示している。だが世界経済の中で日本市場だけが横ばいという状態が続けば、日本市場そのものを見限ってしまう可能性もあるだろう。そもそも20年間もGDPが横ばいだったというのは世界的に見ても異常事態といってよい。原田氏の事業会社トップ退任は、日本経済そのものの象徴と考えた方がよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …