ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月31日だが、各省とも前年を大きく上回る予算を要求してくるとみられる。

 今年の予算編成は消費税の増税が最終決定していないことから、変則的な手法で進められている。
 予算には各省の裁量で増減が可能な裁量的経費と年金など支出があらかじめ決まっている義務的経費の2つがある。消費税の増税がない場合に備えて正式な概算要求は裁量経費を前年の9割に抑えることが概算要求基準の中で定められた。

 だが一方で消費税が増税になった場合には、財源が増えるので大型の予算を組むことが可能となる。この部分については正式な要求とは別に、「要望」という形で提出できるようにした。
 「新しい日本のための優先課題推進枠」と名付けられたこの要望枠は、前年の裁量的経費の最大17%まで増額要望することが可能となっている。要するに実質的には前年を大きく上回るバラマキ予算が可能な仕組みになっているのだ(本誌記事「財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう財務省のレトリックとは」参照)。

 この要望額を合わせると、金額では2.3兆円程度の増額となり、裁量的経費は73兆円程度になる見込み。また社会保障費は年金や医療費の自然増によって2兆円以上の増額が見込まれているほか、国債の償還や利払い費も1兆円の増加が見込まれる。
 これらの義務的経費を合わせた最終的な予算額は97兆円から98兆円程度になると予想される。前年度予算は93兆円なので5兆円の増加である。さらに特別会計で処理されている復興関連予算を含めると100兆円を突破する計算だ。数字を見る限りでは、緊縮財政下の予算にはなっていない。

 国土交通省では老朽化が進む社会インフラ整備などを目的として昨年より16%多い金額を要求する見込み。また農林水産省も農村整備事業の関連予算を2割増やすという。農村整備事業は土木工事に関連した事業が多く、典型的な公共事業のひとつといわれている。

 今年のGDP成長率は、補正予算で組まれた大量の公共事業の効果で良好な数字が得られているが、来年度にはその効果がなくなってしまう。消費税増税とのダブルパンチで景気減速が懸念されるため、安倍政権としては何としても現在の景気を維持したいところだ。
 景気回復の要となる成長戦略は現在、手詰まり状態となっており、大型の公共事業を軸にした財政政策に依存せざるを得ない状況だ。財政再建はさらに遠のくことになりそうである。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …

chongchongan
北朝鮮の貨物船がパナマ運河で強制停泊。積荷はミサイル部品の可能性大

 パナマ政府は7月15日、キューバを出航しパナマ運河を通過しようとした北朝鮮籍の …

bouekitoukei201401
1月の貿易赤字が何と倍増。最大の原因は輸出不振であってエネルギー問題ではない

 財務省は2014年2月20日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …