ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの見方を強めており、シリアに対する軍事介入を検討していた。だが肝心のオバマ大統領が介入に積極的ではないことから、実施は流動的といわれてきた。
 だが欧州では軍事介入を求める声が日増しに高まってきており、米国内部でも強硬派の意見が目立つようになってきている。ホワイトハウスのカーニー報道官(写真)は「最終的にどうするかはまだ決まっていない」としているが、オバマ大統領は次第に外堀を埋められつつある。

  オランド仏大統領は8月27日、シリア政府を強い調子で非難し「化学兵器使用に対し罰する用意がある」と述べた。また英国のキャメロン首相も休暇を切り上げロンドンに戻り「国際社会による行動が必要」と述べ、軍事介入の必要性を強調した。
 アサド政権と友好関係にあるロシアは一貫して軍事介入に反対しているが、欧州の主要国であるフランスと英国が介入に積極的であることから、欧州は軍事介入の方向に傾いている。

 一方、米国内ではシリアに対する軍事介入について意見が分かれている。オバマ政権は中東からアジアへと軍事力をシフトする「リバランス戦略」を進めており、中東への関与をあまり望んでいない。だが従来型の中東情勢に深く関与するスタイルの外交を望む声も大きく、軍事介入を求める声が高まっている。一部のメディアは、数日から数週間以内に米国が攻撃に踏み切るとの報道を行っているが、情報源は定かではない。

 欧州は声高に軍事介入を叫んではいるものの、基本的に米国が動かない場合には、軍事介入をリードするつもりはない。あくまで米国に対して介入を望んでいるだけであり、その意味では、欧州側の意思も強固というわけではない。
 オバマ大統領は、化学兵器使用に関する情報機関の調査結果を待ってから最終的な決断を行う見通しだが、一部からはシリアによる化学兵器使用が本当なのか疑問視する声も上がっている。だが基本的にはシリア政府が化学兵器を使用したという前提で物事が進んでおり、その状況に変化はないと考えられる。オバマ大統領には選択の余地がなくなりつつある。近いうちに最終的な決断が下されることになるだろう。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

hayashiyoshi
国会に独自の財政試算を実施できるスタッフ機能を設置。有志議員が検討

 有志の国会議員が、国会に、経済・財政に関する独自の調査機能を持たせるための議員 …

aso03
麻生財務省のナチス発言に見る、自民党中枢部の感覚の「古さ」

 憲法改正をめぐって麻生財務相が「ナチスの手口を学ぶべき」という趣旨の発言をした …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …