ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの見方を強めており、シリアに対する軍事介入を検討していた。だが肝心のオバマ大統領が介入に積極的ではないことから、実施は流動的といわれてきた。
 だが欧州では軍事介入を求める声が日増しに高まってきており、米国内部でも強硬派の意見が目立つようになってきている。ホワイトハウスのカーニー報道官(写真)は「最終的にどうするかはまだ決まっていない」としているが、オバマ大統領は次第に外堀を埋められつつある。

  オランド仏大統領は8月27日、シリア政府を強い調子で非難し「化学兵器使用に対し罰する用意がある」と述べた。また英国のキャメロン首相も休暇を切り上げロンドンに戻り「国際社会による行動が必要」と述べ、軍事介入の必要性を強調した。
 アサド政権と友好関係にあるロシアは一貫して軍事介入に反対しているが、欧州の主要国であるフランスと英国が介入に積極的であることから、欧州は軍事介入の方向に傾いている。

 一方、米国内ではシリアに対する軍事介入について意見が分かれている。オバマ政権は中東からアジアへと軍事力をシフトする「リバランス戦略」を進めており、中東への関与をあまり望んでいない。だが従来型の中東情勢に深く関与するスタイルの外交を望む声も大きく、軍事介入を求める声が高まっている。一部のメディアは、数日から数週間以内に米国が攻撃に踏み切るとの報道を行っているが、情報源は定かではない。

 欧州は声高に軍事介入を叫んではいるものの、基本的に米国が動かない場合には、軍事介入をリードするつもりはない。あくまで米国に対して介入を望んでいるだけであり、その意味では、欧州側の意思も強固というわけではない。
 オバマ大統領は、化学兵器使用に関する情報機関の調査結果を待ってから最終的な決断を行う見通しだが、一部からはシリアによる化学兵器使用が本当なのか疑問視する声も上がっている。だが基本的にはシリア政府が化学兵器を使用したという前提で物事が進んでおり、その状況に変化はないと考えられる。オバマ大統領には選択の余地がなくなりつつある。近いうちに最終的な決断が下されることになるだろう。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

enzetsu
2期目を迎えたオバマ大統領の就任式。その日のスケジュールを全公開

 オバマ米大統領の2期目の就任式が21日首都ワシントンで開催された。 オバマ大統 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …