ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの見方を強めており、シリアに対する軍事介入を検討していた。だが肝心のオバマ大統領が介入に積極的ではないことから、実施は流動的といわれてきた。
 だが欧州では軍事介入を求める声が日増しに高まってきており、米国内部でも強硬派の意見が目立つようになってきている。ホワイトハウスのカーニー報道官(写真)は「最終的にどうするかはまだ決まっていない」としているが、オバマ大統領は次第に外堀を埋められつつある。

  オランド仏大統領は8月27日、シリア政府を強い調子で非難し「化学兵器使用に対し罰する用意がある」と述べた。また英国のキャメロン首相も休暇を切り上げロンドンに戻り「国際社会による行動が必要」と述べ、軍事介入の必要性を強調した。
 アサド政権と友好関係にあるロシアは一貫して軍事介入に反対しているが、欧州の主要国であるフランスと英国が介入に積極的であることから、欧州は軍事介入の方向に傾いている。

 一方、米国内ではシリアに対する軍事介入について意見が分かれている。オバマ政権は中東からアジアへと軍事力をシフトする「リバランス戦略」を進めており、中東への関与をあまり望んでいない。だが従来型の中東情勢に深く関与するスタイルの外交を望む声も大きく、軍事介入を求める声が高まっている。一部のメディアは、数日から数週間以内に米国が攻撃に踏み切るとの報道を行っているが、情報源は定かではない。

 欧州は声高に軍事介入を叫んではいるものの、基本的に米国が動かない場合には、軍事介入をリードするつもりはない。あくまで米国に対して介入を望んでいるだけであり、その意味では、欧州側の意思も強固というわけではない。
 オバマ大統領は、化学兵器使用に関する情報機関の調査結果を待ってから最終的な決断を行う見通しだが、一部からはシリアによる化学兵器使用が本当なのか疑問視する声も上がっている。だが基本的にはシリア政府が化学兵器を使用したという前提で物事が進んでおり、その状況に変化はないと考えられる。オバマ大統領には選択の余地がなくなりつつある。近いうちに最終的な決断が下されることになるだろう。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …