ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8月6日、研究大学強化促進費による支援先として、22の大学や機関を選定した。研究水準が高く、世界的な成果が見込めるというのがその理由だ。

 これまでも文科省は、研究支援政策の中核となっている科学研究費補助金(科研費)を特定大学に重点的に配分する政策を実施してきた。だが科研費の配分先は、東大、京大、大阪大、東北大といった、いわゆる旧帝国大学に圧倒的に偏っていた。
 過去の実績に縛られた硬直した支援制度に対して疑問の声も出ていたことから、文科省は一時「トップ30」大学の育成策を打ち出したことがある。だが「旧帝国大に有利」であるとして、地方大学や私立大学が猛反発し、研究ごとの助成に改めた経緯がある。
 今回の研究大学強化促進事業は、以前提唱したトップ30大学構想の焼き直しであり、当初は従来と同様、旧帝大を中心に同じような研究費配分が行われるとみられていた。だがフタを開けてみると、基本的な図式は変わらないものの、国際的な論文引用数や産学連携の進展状況など、より現実的な実績を評価した内容となっており、大学関係者にとってはちょっとした驚きとなっている。

 評価結果で最高点を獲得し4億円の支援費を獲得したのは、東京大学、京都大学、東北大学、名古屋大学の4校。いずれも旧帝国大ではあるが、これまで科研費の獲得では京都大学に次ぐ実績を持っていた大阪大学が順位を落とし、名古屋大学が最上位グループに入った。東北大学は現状をを維持した格好だ。
 科研費の獲得では比較的上位に位置していた千葉大学が対象からはずれていることや、豊橋科学技術大学や奈良先端科学技術大学など、工学系大学が高い評価となっていることも特徴的だ。

 日本の基礎研究能力は相対的な低下が進んでいるといわれている。研究開発に対する投資が少ないことが原因ともいわれているが、必ずしもそうでもない。日本は米国に次いで2番目に多くの金額を研究開発費に投じているのだ。日本 の研究成果が乏しいという話が本当なら、それは配分の方法が不適当なのか、研究組織の体制に問題があるということになる。
 わずかではあるが、研究費の配分に変化が生じたことは、この原因を探るひとつの手がかりになる。実績をもとにした研究費配分が定着した後、研究成果に目立った違いが表れてくるのか、それともあまり変化は生じないのか。もし変化が少ないようであれば、大学の体制再構築も課題として浮上してくることになるかもしれない。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

twitter02
ツイッター大ピンチ。収益のカギとなるタイムライン閲覧数が何と減少!

 短文投稿サイトの米ツイッターが株式公開後初めてとなる四半期決算で大失速となった …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

f35
ステルス戦闘機の部品製造に日本企業が参入可能に。だが防衛産業の台所事情は苦しい

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーティン社製のス …