ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8月6日、研究大学強化促進費による支援先として、22の大学や機関を選定した。研究水準が高く、世界的な成果が見込めるというのがその理由だ。

 これまでも文科省は、研究支援政策の中核となっている科学研究費補助金(科研費)を特定大学に重点的に配分する政策を実施してきた。だが科研費の配分先は、東大、京大、大阪大、東北大といった、いわゆる旧帝国大学に圧倒的に偏っていた。
 過去の実績に縛られた硬直した支援制度に対して疑問の声も出ていたことから、文科省は一時「トップ30」大学の育成策を打ち出したことがある。だが「旧帝国大に有利」であるとして、地方大学や私立大学が猛反発し、研究ごとの助成に改めた経緯がある。
 今回の研究大学強化促進事業は、以前提唱したトップ30大学構想の焼き直しであり、当初は従来と同様、旧帝大を中心に同じような研究費配分が行われるとみられていた。だがフタを開けてみると、基本的な図式は変わらないものの、国際的な論文引用数や産学連携の進展状況など、より現実的な実績を評価した内容となっており、大学関係者にとってはちょっとした驚きとなっている。

 評価結果で最高点を獲得し4億円の支援費を獲得したのは、東京大学、京都大学、東北大学、名古屋大学の4校。いずれも旧帝国大ではあるが、これまで科研費の獲得では京都大学に次ぐ実績を持っていた大阪大学が順位を落とし、名古屋大学が最上位グループに入った。東北大学は現状をを維持した格好だ。
 科研費の獲得では比較的上位に位置していた千葉大学が対象からはずれていることや、豊橋科学技術大学や奈良先端科学技術大学など、工学系大学が高い評価となっていることも特徴的だ。

 日本の基礎研究能力は相対的な低下が進んでいるといわれている。研究開発に対する投資が少ないことが原因ともいわれているが、必ずしもそうでもない。日本は米国に次いで2番目に多くの金額を研究開発費に投じているのだ。日本 の研究成果が乏しいという話が本当なら、それは配分の方法が不適当なのか、研究組織の体制に問題があるということになる。
 わずかではあるが、研究費の配分に変化が生じたことは、この原因を探るひとつの手がかりになる。実績をもとにした研究費配分が定着した後、研究成果に目立った違いが表れてくるのか、それともあまり変化は生じないのか。もし変化が少ないようであれば、大学の体制再構築も課題として浮上してくることになるかもしれない。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

ebola01
医療設備が劣悪なナイジェリアでエボラ熱感染拡大を防げたのはなぜ?

 各国でエボラ出血熱に対する恐怖が高まる中、十分な医療設備がないにも関わらず感染 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …