ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を強く主張していたものの、肝心のオバマ大統領自身が消極的という図式であった。メディアでは軍事介入は時間の問題というリーク記事が多数流され、オバマ大統領は次第に外堀を埋められつつあった。
 だが、英国のキャメロン首相は8月29日、英議会の反対を受けて突如態度を一変。軍事介入を断念する意向を示したことで、オバマ大統領には少し追い風が吹き始めた。

 英仏は中東問題で主導権を握りたいという政治的思惑があり、当初から軍事介入には積極的なスタンスであった。だが米国内では軍事介入について意見が分かれていた。オバマ政権は中東からアジアへと軍事力をシフトする「リバランス戦略」を進めており、中東への関与をあまり望んでいない。

 一方で、米国の政界には従来型の中東重視の外交スタイルを望む声も根強く残っている。米国は2020年までに国防費の対GDP比を40%も削減するというかつてない規模の軍縮を進めており、防衛産業は窮地に立たされている。中東への関与を望む声にはこうした背景もあると考えられる。

 米国のメディアによる世論調査では軍事介入に対して反対する意見が賛成を上回っている。だが英仏や米国内から介入を求める声が日増しに高まっていたことで、オバマ大統領は外堀を埋められた状況になっていた。

 だが英国の議会が軍事介入を求める政府の動議を反対多数で否決。これを受けてキャメロン首相が介入を断念する声明を発表したことで、状況が変わってきた。欧州メディアの報道では、英国民の約7割が、仏国民の6割が介入に反対もしくは慎重なスタンスだという。英国の介入断念によって、フランスの方針にも影響を与える可能性が出てきた。

 もっとも軍事面での準備は最終段階に入っている。米国はすでに地中海に派遣していた駆逐艦4隻に加え、もう1隻の駆逐艦を現地に配備した。また空母トルーマンとニミッツの2隻を近海に移動させた。またフランスのフリゲート艦も米艦の護衛のため現地に展開している。基本的に米軍は巡航ミサイルを中心とした空爆を実施する方針といわれ、攻撃準備はほぼ整ったと考えられる。

 英国の方針転換によって軍事介入がなくなると見るのは早計だが、少なくとも介入に慎重なオバマ大統領の立場が強くなったことは事実だ。仮に介入が実施されるにしても、大幅に規模を縮小するなどの措置が取られる可能性も出てきたといえる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …