ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.7%となった。上昇は2カ月連続で、2008年以来の水準。先月はプラス0.4%だったことを考えると、物価上昇が鮮明になってきたといえる。

 今年1月から7月までの期間で物価が上昇した品目は20となった。5月は16品目、6月は18品目だったので価格が上昇した品目が着実に増えている。全体としては物価上昇傾向が鮮明になっていると解釈することができるだろう。

 だが個別品目を見てみると、状況は必ずしも良好とはいえない。値上がりした品目のほとんどが円安による輸入価格上昇によるものとなっている。
 7月までの間で物価上昇率が高かった品目は、電気代、AV機器、ガス代、家電、自動車、旅行、履き物などである。これら7品目のうち自動車を除くとすべてが円安による影響が極めて大きい商品である。
 景気回復が期待されての物価上昇であれば、内需関連の品目も上昇することになるが、今のところは円安による影響しか顕在化していないことが分かる。
 また肉類や外食、油脂など上昇率はまだ小さいが、生活必需品への価格転嫁も徐々に進んでいる。そろそろ物価上昇が生活実感として認識されて始めてもおかしくない。

 もちろん円安で輸入価格が上昇しても、輸出産業が潤うことで設備投資が活発になれば、経済成長に結びついてくる。だが輸出は円安によって金額ベースでは何とか増加を維持しているが、数量ベースでは伸び悩みが続いている。円安の効果が数量の伸び悩みによって相殺されてしまっているため、製造業はそれほどの活況になっていない。

 このままの状態が続くと、企業は輸入価格の上昇を賃金抑制でカバーしようすることになり、物価の上昇に比して賃金が上昇しない可能性が出てくる。そうなってしまうと、物価の上昇はただの生活苦をもたらすだけの結果に終わってしまう。

 アベノミクスがデフレ脱却を実現できるかという課題については、その中身はともかくとして、ほぼクリアしそうな状況となってきた。アベノミクスに対する評価は、デフレ脱却が健全な経済成長に結びつくのかという次のフェーズにシフトしつつある。そしてこのテーマこそが、アベノミクスにとってもっとも重要な部分といえる。アベノミクスはいよいよ正念場を迎えつつある。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

puerutoriko
ギリシャ問題のウラでデフォルト騒ぎになっていたプエルトリコ。明らかになった意外と豊かな経済

 ギリシャ問題に世界の注目が集まっているが、同じタイミングでデフォルト騒ぎになっ …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …