ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.7%となった。上昇は2カ月連続で、2008年以来の水準。先月はプラス0.4%だったことを考えると、物価上昇が鮮明になってきたといえる。

 今年1月から7月までの期間で物価が上昇した品目は20となった。5月は16品目、6月は18品目だったので価格が上昇した品目が着実に増えている。全体としては物価上昇傾向が鮮明になっていると解釈することができるだろう。

 だが個別品目を見てみると、状況は必ずしも良好とはいえない。値上がりした品目のほとんどが円安による輸入価格上昇によるものとなっている。
 7月までの間で物価上昇率が高かった品目は、電気代、AV機器、ガス代、家電、自動車、旅行、履き物などである。これら7品目のうち自動車を除くとすべてが円安による影響が極めて大きい商品である。
 景気回復が期待されての物価上昇であれば、内需関連の品目も上昇することになるが、今のところは円安による影響しか顕在化していないことが分かる。
 また肉類や外食、油脂など上昇率はまだ小さいが、生活必需品への価格転嫁も徐々に進んでいる。そろそろ物価上昇が生活実感として認識されて始めてもおかしくない。

 もちろん円安で輸入価格が上昇しても、輸出産業が潤うことで設備投資が活発になれば、経済成長に結びついてくる。だが輸出は円安によって金額ベースでは何とか増加を維持しているが、数量ベースでは伸び悩みが続いている。円安の効果が数量の伸び悩みによって相殺されてしまっているため、製造業はそれほどの活況になっていない。

 このままの状態が続くと、企業は輸入価格の上昇を賃金抑制でカバーしようすることになり、物価の上昇に比して賃金が上昇しない可能性が出てくる。そうなってしまうと、物価の上昇はただの生活苦をもたらすだけの結果に終わってしまう。

 アベノミクスがデフレ脱却を実現できるかという課題については、その中身はともかくとして、ほぼクリアしそうな状況となってきた。アベノミクスに対する評価は、デフレ脱却が健全な経済成長に結びつくのかという次のフェーズにシフトしつつある。そしてこのテーマこそが、アベノミクスにとってもっとも重要な部分といえる。アベノミクスはいよいよ正念場を迎えつつある。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …