ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がシリアへの軍事介入について議会承認を求めたことの本質的意味

 

 オバマ米大統領は8月31日、ホワイトハウスで声明を発表し、シリアに対して軍事介入を実施する方針であることを正式に表明した。ただ、軍事介入には「議会の承認」を求めるとしており、軍事介入の実施は、米議会が審議を再開する9月9日以降に先送りされた。

 今回のオバマ大統領の声明は、以前から指摘されていたように、基本的にシリアに対する軍事介入を望んでいないオバマ大統領のスタンスが色濃く滲んだものとなった。オバマ大統領が軍事介入に際して議会の承認を求めたことは、より慎重に事を進めたいオバマ大統領が選択した一種の戦術といえる(本誌記事「英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが」参照)。

 だが、声明の内容をよく分析すると、政治的テクニックにはとどまらない、オバマ大統領が持つ民主主義に対する価値観を強く反映したものであることが分かる。オバマ大統領は米国における議会制民主主義のあり方についても根本的な問いを投げかけているのだ。

 オバマ大統領は声明の中で「米国はもっとも古い立憲民主主義国家」であるとし、軍事介入の権限は大統領にあるとしながらも「このような重大な決断は議会の承認を得るべきだ」と述べた。また国連安全保障理事会の決議は必要ないとの見解も同時に示している。
 これは、ややもすると聞き逃してしまいがちだが、非常に重要な声明である。米国では、戦争をする権利(宣戦布告する権利)についての論争が建国以来続いており、その根源的権利が大統領にあるのか、議会にあるのかについては、まだ完璧な結論が得られているわけではない。

 実務上は、宣戦布告の権利は議会にあるとされ、議会の承認なしに正式な戦争はできないことになっている。一方、軍事介入は正式な戦争ではなく、これは大統領の一存で決断できる。だがベトナム戦争のように、軍事介入が、事実上、総力をあげた戦争になってしまった例もあり、軍事介入といえども大統領権限で実施してよいのかについては論争の的となっている。

 さらに注目すべきは、軍事介入に対して国連安保理の決議は必要ないと明言している点である。近代国家の概念では、主権国家以上の権力は地球上には存在しておらず、国連はあくまで交渉の場でしかない。米国では単なる交渉の場でしかない国連の決議に、国家の決断が左右されるという事態について、以前から論争になっていた。今回の発言は、あらためて主権国家が持つ権限を明確にしたものといえるだろう。

 オバマ大統領は、戦争する権利は国連ではなく、あくまで国家にあることを強調するとともに、軍事介入のレベルであればそれは大統領権限に属するとした。だが、その行使には議会の承認が必要であるとの見解を示したわけである。これは、民主国家における戦争の権利は基本的に議会に存在するということを、あらためて位置付けたものといえるだろう。

 行政府のトップであり、強大な権力を持つ大統領が、戦争の権利が議会に存在すると明言したことの意味は大きい。大統領制を採用していないにもかかわらず、行政府の官僚組織が突出した権限を持つ日本の政治システムを考えると、オバマ大統領が発したメッセージは重い。

 - 政治 , , , , , ,

  関連記事

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

chousensoren
朝鮮総連ビルの売却手続き一時停止は、拉致問題の強力な外交カードとなる?

 朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり、朝鮮総連は売却手続きをいったん停止 …

kokintou
胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグ …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

chousensoren
東京・九段にある朝鮮総連本部ビルがとうとう競売に。思いのほか建物はボロボロだった

 長年にわたって朝鮮総連の拠点となってきた、東京都千代田区にある朝鮮総連中央本部 …