ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀行は固定10年の金利を先月から0.2%下げて1.5%に、三井住友銀行は0.05%引き下げて1.6%とした。

 各行が金利の引き下げに動いているのは、消費増税による駆け込み需要で住宅購入者が増加し、銀行間の顧客獲得競争が激化しているからである。
 一方で、消費増税後の大幅な落ち込みや、量的緩和策の影響による資金のダブつきから、悪い条件でもローン残高を増やしておこうという銀行の苦しい事情も垣間見える。

 日銀の量的緩和策によって市場の国債が買い占められていることから、銀行は国債の残高を減らし続けている。2013年3月末に164兆円あった国債の残高は7月現在で142兆円まで減少している。量的緩和策で国債を買い上げ、金融機関の運用を国債から融資にシフトさせるという日銀の目論見は半分は成功している。だが肝心の融資は伸びていないのが実情だ。
 金融機関の融資残高は量的緩和策が始まる直前の2013年3月からほとんど増加しておらず440兆円のままとなっている。つまり銀行にとっては、いくら国債運用が困難になったからといっても、資金ニーズがない企業への貸出を増やすことができない状況であり、その中で唯一、融資残高を伸ばすことが可能な分野が住宅ローンというわけである。

 消費税増税後は住宅取得が伸び悩みむことが予想されているため、金融機関各社は、多少条件が悪くても、住宅ローン残高を増やすことに必死になっている。ローン金利の低下はこうした銀行側の事情を反映したものとえいる。
 だがマクロ的に見れば、こうした銀行の取り組みも焼け石に水である。金融機関はここ4カ月で住宅ローンを5000億円ほど増やしているが、住宅ローンの残高は115兆円もあるため、わずか0.4%の増加にすぎない。しかも貸出金全体に占める住宅ローンの割合は25%程度しかなく、全体から見れば、貸出総額にはほとんど変化がない状態だ。

 もっとも住宅ローンを組んで住宅を取得しようとしている人にとっては朗報かもしれない。量的緩和策がうまくいっても、いかなくても、量的緩和策が続けば日銀の当座預金残高は増える一方であり、少なくとも名目上の物価は上昇する可能性が高くなってきているからだ。
 だが仮にインフレが進んでも経済成長を伴わないもの(スタグフレーション)に終わってしまえば、労働者の相対的な購買力は低下してくる可能性が高い。いくら物価が上がるといっても、無理な住宅ローンはリスク要因になるので注意が必要である。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …