ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費増税の判断基準となる4~6月期のGDP改定値に大きな影響を与えることから、多くの市場関係者が注目している。

 企業の売上高は311兆6656億円となり、前年同期比で0.5%マイナスとなった。
 製造業はマイナス3.9%と4四半期連続の減収となったが、非製造業はプラス転換し1.0%の増加となった。製造業についても、マイナス幅は前期より縮小しており、楽観視はできないものの、日本企業の売上げ減少に歯止めがかかってきた兆候と解釈することも可能だ。
 ただ製造業で、前年同月比プラスとなったのは輸送用機器(自動車など)だけであり、それ以外の分野はすべてマイナスである。基本的に製造業の経営環境は改善していない。
 また非製造業においても大きな伸びを見せているのは不動産と電力ガスとなっている。不動産は消費増税前の駆け込み需要が、電力ガスはエネルギー価格の上昇を独占企業である事業者が一方的に価格に転嫁していることが主な要因であり、内需が順調に拡大しているとは言い難い。

 一方、経常利益は前年同月比で51.5%増となっており、利益が拡大している。企業は売上げが減少する中、コストを削減して利益率を高めている。資本金別では、10億円以上の企業では50%増、一方一億円未満ではマイナス12.5%となっているので、大企業が下請けへの圧迫を強め、利益を確保している様子が窺える。
 全体としてみれば、経済規模は依然として縮小しているが、大企業だけは下請けへの値引き要求で利益を拡大させ、賃金は伸び悩んでいるという状況といえるだろう。これについて、大企業だけがボロ儲けと見るか、大企業の体力が回復していると見るのかは、立場によって異なるかもしれない。

 4~6月期GDP改定値への影響が大きい設備投資については、総額8兆3106億円で横ばいとなった。ここでも製造業はマイナス、非製造業はプラスとなっており、製造業の低迷が続いていることが浮き彫りになった。また製造業の設備投資も、建設と不動産という一部の業界に著しく偏っている。建設が増加しているのは、大型公共事業による効果(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)であり、不動産は消費増税前の駆け込み需要であることは間違いない。
 確かに、前年度と同じ水準の設備投資は維持した格好だが、その数字のかなりの部分は、公共事業と駆け込み需要に支えられている。

 売上げや設備投資は前年同月比でマイナスもしくは横ばいだが、1~3月期との比較という意味では、季節調整済みの数値でプラスとなっている。したがって、9月9日に発表予定のGDP改定値については、速報値から上ブレする可能性が高くなってきた。だがそれは、大型公共事業と駆け込み需要に支えられたものであり、消費税が増税となる来年度以降は、大幅に落ち込む可能性が高いことを認識しておく必要があるだろう。

 - 経済 , , , , , , ,

  関連記事

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …