ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケージの概要が明らかになってきている。
 安倍首相は9月2日、2カ月半ぶりに再開した産業競争力会議に出席し、秋の臨時国会を「成長戦略実行国会」と位置付け、産業競争力強化法案の成立と減税措置の2つを主要な柱とする方針を明らかにした(写真)。ただ、産業競争力法案と減税措置は、場合によっては利益相反を起こす可能性を内包しており、どのような効果をもたらすのかは未知数だ。

 企業活動を促進させ、競争力を高める政策としては、国家が計画経済的に方向性を決定するやり方と、基本的に市場メカニズムに任せるやり方の2種類がある。前者の代表例は中国であり、後者の代表例は米国ということになる。先進主要国でもフランスは計画経済的、ドイツは市場メカニズム重視となっている。

 両者の最大の違いは、将来についてどの程度予見できるかという基本的な考え方にある。
 計画経済を重視している人は、将来どのような分野が有望なのかについて事前に予見できると考えている。このため、重点分野を国家が決定し、国家主導で支援策を講じればその分野の競争力が強化されると考える。

 これに対して市場メカニズムを重視する人は、イノベーションがどのような分野で発生するのかは事前には予見できないと考える。つまりグーグルやアップルを計画的には作ることは不可能であり、競争力を付けるためには皆が競争するしかないと考えているのだ。したがって、政府は自由な経済活動を保証することに特化し、その中から自然発生的にイノベーションが起こることを期待する。

 途上国の場合、基本的な生活インフラの整備や従来型製造業の発展など、将来の方向性を見通すことが比較的容易であることから、多くの国で計画経済型が採用されている。一方、成熟国家ではニーズが多様化しているため、市場メカニズム型を活用することが多い(計画経済型を採用するフランスは革命政権であることから、社会主義的計画経済の慣習が色濃く残っているという政治的側面が大きい)。

 安倍政権の成長戦略は、この2つの方向性が混在しているという意味で非常に特異な存在といえる。産業競争力強化法案は、地域を限定して部分的に規制緩和を実施する「企業特区」制度の導入、企業再編を必要とする分野を政府が指定し、税制を使って再編を促す制度の創設、などが柱となっている。これはら官僚主導で競争力を強化する計画経済的なスタンスが濃いものといえる。
 一方、減税措置については、償却資産の非課税化やベンチャー投資への減税など、全体的な環境整備に力点が置かれ、市場メカニズムを重視した内容になっている。成長戦略に盛り込まれた施策も、計画経済的なものと市場メカニズム重視のものが混在している。

 安倍政権があえて異なる考え方の政策を混在させているのか、単にまとまりを欠いていて結果的にバラバラの施策が盛り込まれているだけなのかは不明だ。だが安倍首相の真意はともかくとして、現在の日本では計画経済的な施策の影響が大きくなることはほぼ間違いない。市場メカニズムを完全に機能させるためには、個別の減税措置だけでは不十分であり、全体的な規制緩和をセットにする必要があるが、現在の成長戦略にそのような施策は含まれていないからだ。

 このまま成長戦略の議論が進み、臨時国会で法案が可決されれば、日本は事実上、計画経済的な産業政策に舵を切ることになる。産業政策の司令塔は経産省ということになるのだが、彼らが将来を見通す高い能力を持っていれば、日本経済を劇的に回復させることが可能かもしれない。だがもしその逆であった場合、反動はより大きなものになるだろう。
 ちなみに経済産業省は、戦前の商工省や戦中の軍需省、戦後の通産省時代を含めて、計画経済を重視する傾向が強い。だが、サンシャイン計画(オイルショック後の新エネルギー開発)、コンピュータの国産化プロジェクトなど、計画経済的な政策はことごとく失敗している。戦後間もなく、通産省は日本には自動車産業は不要と結論付け、トヨタを倒産に追い込もうとしたことさえあるのだ。
 もちろん過去に失敗したからといって、次も失敗するとは限らない。過去の失敗を乗り越え、経産官僚は将来を見通すことができるようになるのだろうか?

 - 政治, 経済 , , , , , ,

  関連記事

kimujonun04
北朝鮮が米国に対して突如、二国間交渉を提案。米側はとりあえず拒否

 北朝鮮の国防委員会報道官は6月16日、重大談話を発表し、米朝の高官による二国間 …

hagel
オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?

 オバマ米大統領が、次期国防長官に共和党のチャック・ヘーゲル元上院議員を指名する …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …