ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した8月の製造業景気指数は55.7となり、前月から0.3ポイント上昇した。これは2011年6月以来の高い水準。前月は4.5ポイントの大幅上昇(速報値ベース)だったことから、市場では横ばいもしくは反動が予想されていたが、さらに上昇する形となった。

 欧州と中国のPMIも上昇傾向が鮮明になってきている。調査会社マークイットが発表した8月のユーロ圏PMI(購買担当者景気指数)改定値は51.4となり速報値から上方修正された。こちらも米国と同様、2011年6月以来の高水準である。

 中国の国家統計局が発表した8月のPMIは51.0、HSBCが発表したPMIは50.1となった。統計局のPMIは大規模な国営企業が中心だが、このところ景況感の境目である50を下回る状況が続いていた。だが7月には50.3となり50を突破、8月はさらに増加した。
 HSBCのPMIが50を超えるのは4カ月ぶり。HSBCの指標には中小企業のデータも多く含まれているが、景気の回復が中小企業にも及んでいることが明らかとなった。

 製造業の世界的回復で期待されるのは失業率の改善である。これまで米国は順調な景気回復を見せてきたが、唯一の足かせが欧州や中国の景気低迷の影響を受ける製造業であった。このため良好な自国経済とは裏腹に、米国の製造業は人員の増加と設備投資を抑制してきた。中国経済が失速を免れ、欧州がとりあえず底を打てば、米国の製造業は安心して設備投資を増やしたり、雇用を増やすことができる。

 米国市場では現在、FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和縮小のタイミングをめぐって神経質な展開が続いている。FRBがもっとも重視する指標は失業率であることから、製造業の景況感改善は、失業率の低下を期待させることになる。今週末には雇用統計の発表を控えているが、この数値が良好だった場合、9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で緩和縮小に踏み切る可能性が高まってくる。

 シリア問題が突如浮上するなど、量的緩和の縮小をめぐっては不確定要素も多い。だが、9月なのか10月なのかという細かい時期の問題はともかく、早めのタイミングでの緩和縮小が実施されるという流れはほぼ固まったといってよいだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

kinrijosho
政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、20 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …