ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した8月の製造業景気指数は55.7となり、前月から0.3ポイント上昇した。これは2011年6月以来の高い水準。前月は4.5ポイントの大幅上昇(速報値ベース)だったことから、市場では横ばいもしくは反動が予想されていたが、さらに上昇する形となった。

 欧州と中国のPMIも上昇傾向が鮮明になってきている。調査会社マークイットが発表した8月のユーロ圏PMI(購買担当者景気指数)改定値は51.4となり速報値から上方修正された。こちらも米国と同様、2011年6月以来の高水準である。

 中国の国家統計局が発表した8月のPMIは51.0、HSBCが発表したPMIは50.1となった。統計局のPMIは大規模な国営企業が中心だが、このところ景況感の境目である50を下回る状況が続いていた。だが7月には50.3となり50を突破、8月はさらに増加した。
 HSBCのPMIが50を超えるのは4カ月ぶり。HSBCの指標には中小企業のデータも多く含まれているが、景気の回復が中小企業にも及んでいることが明らかとなった。

 製造業の世界的回復で期待されるのは失業率の改善である。これまで米国は順調な景気回復を見せてきたが、唯一の足かせが欧州や中国の景気低迷の影響を受ける製造業であった。このため良好な自国経済とは裏腹に、米国の製造業は人員の増加と設備投資を抑制してきた。中国経済が失速を免れ、欧州がとりあえず底を打てば、米国の製造業は安心して設備投資を増やしたり、雇用を増やすことができる。

 米国市場では現在、FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和縮小のタイミングをめぐって神経質な展開が続いている。FRBがもっとも重視する指標は失業率であることから、製造業の景況感改善は、失業率の低下を期待させることになる。今週末には雇用統計の発表を控えているが、この数値が良好だった場合、9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で緩和縮小に踏み切る可能性が高まってくる。

 シリア問題が突如浮上するなど、量的緩和の縮小をめぐっては不確定要素も多い。だが、9月なのか10月なのかという細かい時期の問題はともかく、早めのタイミングでの緩和縮小が実施されるという流れはほぼ固まったといってよいだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

kaigosisetu
特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向 …