ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した8月の製造業景気指数は55.7となり、前月から0.3ポイント上昇した。これは2011年6月以来の高い水準。前月は4.5ポイントの大幅上昇(速報値ベース)だったことから、市場では横ばいもしくは反動が予想されていたが、さらに上昇する形となった。

 欧州と中国のPMIも上昇傾向が鮮明になってきている。調査会社マークイットが発表した8月のユーロ圏PMI(購買担当者景気指数)改定値は51.4となり速報値から上方修正された。こちらも米国と同様、2011年6月以来の高水準である。

 中国の国家統計局が発表した8月のPMIは51.0、HSBCが発表したPMIは50.1となった。統計局のPMIは大規模な国営企業が中心だが、このところ景況感の境目である50を下回る状況が続いていた。だが7月には50.3となり50を突破、8月はさらに増加した。
 HSBCのPMIが50を超えるのは4カ月ぶり。HSBCの指標には中小企業のデータも多く含まれているが、景気の回復が中小企業にも及んでいることが明らかとなった。

 製造業の世界的回復で期待されるのは失業率の改善である。これまで米国は順調な景気回復を見せてきたが、唯一の足かせが欧州や中国の景気低迷の影響を受ける製造業であった。このため良好な自国経済とは裏腹に、米国の製造業は人員の増加と設備投資を抑制してきた。中国経済が失速を免れ、欧州がとりあえず底を打てば、米国の製造業は安心して設備投資を増やしたり、雇用を増やすことができる。

 米国市場では現在、FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和縮小のタイミングをめぐって神経質な展開が続いている。FRBがもっとも重視する指標は失業率であることから、製造業の景況感改善は、失業率の低下を期待させることになる。今週末には雇用統計の発表を控えているが、この数値が良好だった場合、9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で緩和縮小に踏み切る可能性が高まってくる。

 シリア問題が突如浮上するなど、量的緩和の縮小をめぐっては不確定要素も多い。だが、9月なのか10月なのかという細かい時期の問題はともかく、早めのタイミングでの緩和縮小が実施されるという流れはほぼ固まったといってよいだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

pentagon
米国防総省がサイバー攻撃能力を強化。だが実態は既存システムの防御で手一杯

 米国防総省は、コンピュータ・システムを使った軍事活動を行う「サイバー司令部」を …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …