ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6.6兆円上回る99兆2500億円となり、東日本大震災の復興費用を加えると100兆円を突破する大型予算となった。

 今回の概算要求は、年金・医療などの支出が1兆円、国債の利払い・償還費用が3兆円増加したのに加えて 「新しい日本のための優先課題推進枠」と名付けられた事実上の景気対策費用3.5兆円が上乗せされた。各省の裁量経費を10%抑制した分を差し引いても7兆円の支出増となっている。特に国債の利払い・償還費用が3兆円も増加したのが大きく影響した。

 今年の予算編成は消費税の増税が最終決定していないことから、変則的な手法で進められている。予算には各省の裁量で増減が可能な裁量的経費と年金など支出があらかじめ決まっている義務的経費の2つがある。
 消費税の増税がない場合に備えて正式な概算要求は裁量経費を前年の9割に抑えることが概算要求基準の中で定められた。
 一方で消費税が増税になった場合には予算を増額することになっており、この部分については正式な要求とは別の「要望枠」という扱いになっている。 この要望枠は「新しい日本のための優先課題推進枠」と名付けられており、事実上、消費増税の影響を軽減するための景気対策バラマキ費用である。

 この要望枠については各省とも制限一杯まで要望してきているが、裁量経費の割合が高い府省ほど、この枠を多く積み上げることができる。要求総額に対する要望枠の割合が高いのは、国交省、経産省、農林水産省などであり、公共事業や景気対策という色合いが強い事を伺わせる。

 また義務的経費では、国債関連費用の伸びが目立つ。国債費は前年比で3兆円も増加している。内訳は、償還費用が2兆円増、利払い費が1兆円増である。2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府目標は達成が困難になりつつあり、財務省としては償還を急ぎたい意向であると考えられる。問題は国債の利払い費である。今のところは微増という状況だが、金利の上昇にともなって今後は利払い費の急増が懸念される。金利が1%上がってしまえば、利払いそのものに窮することになってしまい、基礎的財政収支目標など意味がなくなってしまう。

 今年の概算要求を総括すると、消費税増税の影響を軽減するための大型予算という位置付けになるだろう。一方で財政再建目標が遠のいていることを暗示する予算であるともいえる。財務省は秋にかけて、各省との折衝を行い、年内にも最終的な予算案をまとめる予定だ。

 - 政治, 経済 , , , , , ,

  関連記事

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …