ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特急や快速の最高速度を落とすとともに、運行本数を減らすと発表した。同社では特急列車からの出火、発煙事故が相次いでおり、今回の改正はこれらを受けた措置。このダイヤ改正によって乗客数は年間約28万人減少し、16億円の減収になるという。

 現在、札幌と主要都市を結ぶ特急列車は最高速度130キロで運転している。新しいダイヤでは、これを100キロから110キロ程度まで落とすとともに、1日の運行本数を8本減らす。速度を下げ、運行本数を減少させることで、車両への負荷を軽減し、十分な整備時間を確保する。

 JR北海道では今年4月から、特急列車で発煙や火災が発生する事故が連続して起こっている。このうち床下のエンジンから発煙・出火した事故については、エンジン内部の部品破損が直接の原因であることが明らかになっている。だが、なぜそのような破損が起こったのかについて、はっきりしたことは分かっていない。

 エンジン内部の部品はまさに基幹部品であり、基本的には壊れてはいけないものである。少々の負荷がかかった程度で簡単に破壊されるような強度ではないというのが一般的な見方だ。
 それにも関わらず、連続して同じ部品が破損しているのは、金属疲労など過去の負荷が蓄積していた可能性が指摘されている。JR北海道ではこのあたりについて明確に説明していないが、今回、収益の減少を覚悟してまで、最高速度の低下と運転本数の減少に踏み切ったということは、同社が、慢性的なエンジンへの過剰負荷を懸念していることの表れといってよいだろう。

 同型のエンジンは旧国鉄時代に基本設計が行われたもので50年近く運用されてきた実績がある。デビュー当時はスピードアップの要求に応えられる高出力エンジンとして期待されたが、当初からエンジンがオーバーヒートするというトラブルが発生していた。
 その後、改良を加えながら、実績を積み上げてきたが、最近はスピードアップの要求さらに厳しくなり、エンジンの出力を上げる改良が再び加えられてきている。こうした恒常的な負荷増大によって基幹部品の破損につながった可能性が高い。

 これが事実だとすると、JR北海道が抱える問題は深刻であると解釈することもできるが、逆に考えれば、深刻さを理解しているが故に、速度低下と本数減少という措置に踏み切ったともいえる。速度低下と本数減少が負荷減少に有効に作用すれば、今後は同種の事故は発生しないかもしれない。現実問題として、車両をまるごと入れ替えるといった措置が不可能であることを考えれば、JR北海道の措置は現時点では妥当なものかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …