ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。アンドロイドOSを搭載したスマホと連携して動作するウェアラブル端末(身につけるタイプの情報端末)で、価格は300ドル程度を想定している。韓国のサムスン電子もほぼ同じタイミングで同様の腕時計型情報端末を発表しているほか、アップルも近く製品を発表する予定といわれている。腕時計型の情報端末がスマホ市場で大きな役割を演じることになる可能性が出てきている。

 クアルコムのtoqは、同社の液晶技術である「mirasol」を採用しており、屋外や室内など、明るさが異なる環境でも液晶表示が見やすいことや、圧倒的な低消費電力が特徴となっている。市場ではこのmirasolにシャープの技術がどれほど使われているのかに注目が集まっている。

 クアルコムは表示が見やすく低消費電力であるmirasolの開発に8年間を費やしてきた。だが、2012年7月に同社がmirasolの開発中止を明らかにしたことで、同技術を使った製品の実用化は絶望視されていた。
 しかし、2012年12月にクアルコムがシャープに出資すると発表。クアルコムとシャープで次世代の液晶パネルを共同開発することになり、そして、今回のtoqでは一時は表舞台から消え去ったmirasolが復活したのである。

 シャープとクアルコムの共同開発の対象となっている液晶技術は、クアルコムが買収して現在は同社の子会社となっているPixtronix社のものであり、厳密にはmirasolのものとは別である。
 だが一時は中断したmirasolの技術がシャープとの提携後に突然復活していることや、シャープとの提携に関する契約内容が圧倒的にクアルコムに有利であり、場合によっては100億円でシャープの技術を売り渡したと解釈できるものであったことを考えると、シャープの技術がmirasolにも活用されている可能性は否定できない。

 今回のtoqの発表で、低消費電力・高精細の液晶パネルがクアルコムの今後の製品戦略で重要なカギを握っていることが明らかになった。ウェアラブル端末市場は、数年以内に年間数千万台規模に拡大するとの予想もある。
 シャープの技術がmirasolに流用されているにせよ、しないにせよ、ウェアラブル端末市場の急拡大が予想されている今、シャープにとっては大きな機会損失であったことは間違いない。次世代市場が立ち上がる直前という最悪のタイミングで経営危機に直面し、市場での主導権を握ることができなかったからである。

 健全な市場メカニズムが機能していれば、半年程度で経営危機対策の目処がつくはずのところを、同社は2年近くを費やして、まだ完全に解決できていない。日本の富はこのようにして失われていくのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

yunikuroginza
ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

businessphone
IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるケースが続出

 IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるという事件が多発してい …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …