ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。アンドロイドOSを搭載したスマホと連携して動作するウェアラブル端末(身につけるタイプの情報端末)で、価格は300ドル程度を想定している。韓国のサムスン電子もほぼ同じタイミングで同様の腕時計型情報端末を発表しているほか、アップルも近く製品を発表する予定といわれている。腕時計型の情報端末がスマホ市場で大きな役割を演じることになる可能性が出てきている。

 クアルコムのtoqは、同社の液晶技術である「mirasol」を採用しており、屋外や室内など、明るさが異なる環境でも液晶表示が見やすいことや、圧倒的な低消費電力が特徴となっている。市場ではこのmirasolにシャープの技術がどれほど使われているのかに注目が集まっている。

 クアルコムは表示が見やすく低消費電力であるmirasolの開発に8年間を費やしてきた。だが、2012年7月に同社がmirasolの開発中止を明らかにしたことで、同技術を使った製品の実用化は絶望視されていた。
 しかし、2012年12月にクアルコムがシャープに出資すると発表。クアルコムとシャープで次世代の液晶パネルを共同開発することになり、そして、今回のtoqでは一時は表舞台から消え去ったmirasolが復活したのである。

 シャープとクアルコムの共同開発の対象となっている液晶技術は、クアルコムが買収して現在は同社の子会社となっているPixtronix社のものであり、厳密にはmirasolのものとは別である。
 だが一時は中断したmirasolの技術がシャープとの提携後に突然復活していることや、シャープとの提携に関する契約内容が圧倒的にクアルコムに有利であり、場合によっては100億円でシャープの技術を売り渡したと解釈できるものであったことを考えると、シャープの技術がmirasolにも活用されている可能性は否定できない。

 今回のtoqの発表で、低消費電力・高精細の液晶パネルがクアルコムの今後の製品戦略で重要なカギを握っていることが明らかになった。ウェアラブル端末市場は、数年以内に年間数千万台規模に拡大するとの予想もある。
 シャープの技術がmirasolに流用されているにせよ、しないにせよ、ウェアラブル端末市場の急拡大が予想されている今、シャープにとっては大きな機会損失であったことは間違いない。次世代市場が立ち上がる直前という最悪のタイミングで経営危機に直面し、市場での主導権を握ることができなかったからである。

 健全な市場メカニズムが機能していれば、半年程度で経営危機対策の目処がつくはずのところを、同社は2年近くを費やして、まだ完全に解決できていない。日本の富はこのようにして失われていくのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

hondasayama
自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …