ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米ロ対立で盛り上がりに欠けたG20。日本は漁夫の利で切望していた日米首脳会談を実現

 

 ロシアのサンクトペテルブルクで開催されていたG20首脳会議は9月6日に閉幕した。シリア問題での米ロ対立が鮮明になる中での開催であり、目立った成果がないことは当初から予想されていた。首脳宣言にはシリアに関する言及はなく、日米など11カ国がシリア問題に対して「強力な国際的対応」を求める共同声明を発表するにとどまった。

 今回のG20は開幕当初から、米国とロシアが個別に各国と首脳会談を行い、各国の支持を取り付けるという異例の展開となった。また本国の議会対策に追われるオバマ大統領が、初日の夕食会に1時間も遅れて参加するなど、全体的にしらけたムードが漂っていた。
 安倍首相はアルゼンチンで開催されている国際オリンピック委員会(IOC)総会に参加するため会議を途中で切り上げており、後半は議論にほとんど参加していない。

 ただ日本とっては相対的にメリットの大きいG20になったと考えることもできる。それは、米ロ対立による漁夫の利で、日本側が切望してきた日米首脳会談を実現することができたからである。
 2013年2月に行われた日米首脳会談が不調だったことから、日本側は再度首脳会談を実現できるよう、米国側に何度も依頼し、そのたびに米国から断られていた。今回のG20においても日本側は水面下で首脳会談を打診したが、米国側がこれを断ったといわれている。だがG20の開催直前にシリア問題が急浮上し、米国は各国の支持取り付けに迫られる状況となった。今回の会談は米国側からの突然の申し入れで実現したものである。

 米国側はシリア問題への対応に加えて、ロシアが日本に過度に接近することを警戒したものと考えられる。初日の全体会合で安倍首相は日本の財政再建計画を説明し、経済成長と財政再建の両立を目指す方針を表明した。これについて各国から特に意見などは出なかったが、議長国であるロシアからは強く支持する発言があった。
 現在、日本とロシアは北方領土返還問題の交渉に入っている。当初ロシアは自国産の天然ガス資源を重要な交渉材料にする目論見だったが、日本に対する米国産の安価なシェールガスの輸出が始まったことで目算が狂っている。ロシアの日本に対する好意的な態度は、今後の日露交渉を念頭に置いたものと考えられる。

 オバマ大統領は、冷酷な合理主義者として知られており、会うメリットがない人物に社交辞令で面会することはほとんどないといわれる。その意味で、わざわざ米国側から会談が持ちかけられたといことは、ロシア側に対する警戒心が非常に強いことを示している。
 ただ日米首脳会談は実現したものの、日本は米国に対する絶対的支持を表明したわけではない。対ロシアという力学において漁夫の利を得ることはできたものの、日米の距離感という意味では、これまでと大きく変化したわけではない。

 - 政治 ,

  関連記事

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

nenkinkiko
個人情報流出の日本年金機構。年間の情報システム経費は何と1000億円!

 日本年金機構は2015年6月1日、年金情報を管理しているコンピュータに外部から …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

obamaafuga201405
オバマ大統領がアフガン完全撤退を表明。米国外交の転換点に

 オバマ米大統領は2014年5月27日、2016年までにアフガニスタンからの完全 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

irankakumondaigoi
イランが核問題で米欧などと最終合意。世界経済の安定化要因がまたひとつ増えた

 米欧など6カ国とイランは2015年7月14日、イランの核開発問題について最終合 …