ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。物価変動の影響を除いた実質では前期比0.9%増、年率換算で3.8%増と、速報値から大幅に上方修正された。今回のGDP改定値は来年4月に予定されている消費税増税の重要な判断基準となる。速報値からの大幅修正によって、増税が決定される可能性がさらに高まった。一方、上方修正の内実は、大型公共事業と消費増税前の駆け込み需要であり、増税後の大幅な景気落ち込みが懸念される。

 今期のGDP改定値は、速報値からの大幅な伸びが予想されていた。それは、9月2日に発表された法人企業統計で企業の設備投資の底入れが確認されていたからである。だがフタを開けてみれば、企業の設備投資に加えて、公共事業の効果が想像以上に大きいことが明らかになった。
 企業の設備投資は、速報値は0.1%減だったが、改定値では1.3%増となった。一方、速報値では1.8%増だった公共事業が改定値では3.0%増になっている。しかも法人企業統計のデータを詳細に分析すると、民間設備投資で伸びが大きいのは不動産と建設である。つまり、今回のGPD上振れのほとんどは、大型の公共事業(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)と、消費増税を前にした住宅の駆け込み需要であることがわかる。

 政府はこの事実をあまり広めたくないらしく、報道関係者に対する説明では、企業の設備投資が増加という項目のみを強調しており、マスコミの記事も多くがそれに準じる形となっている。だが補正予算による公共事業が4~6月期に現実の数字となって顕在化することや、消費増税前の駆け込み需要が存在することは前から分かっていたことであり、10月の消費増税判断は、GDPの数値が上昇するタイミングを狙って周到に準備されたものと考えて良よい。

 政府内部ではすでに来年以降の景気落ち込みをどのようにカバーするのかに議論の焦点が移りつつある。2020年の東京五輪の開催は政府にとって大きな追い風となる。オリンピック対策と称して、大型公共事業を前倒しで実施できるからである。2013年度の補正予算に向けて、すでに水面下ではいろいろな動きが始まっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

awa
エイベックスとサーバーエージェントが音楽定額配信に参入。ガラパゴス打破の契機となるか?

 エイベックス・グループとサイバーエージェントが定額制音楽配信サービスに参入した …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …