ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。物価変動の影響を除いた実質では前期比0.9%増、年率換算で3.8%増と、速報値から大幅に上方修正された。今回のGDP改定値は来年4月に予定されている消費税増税の重要な判断基準となる。速報値からの大幅修正によって、増税が決定される可能性がさらに高まった。一方、上方修正の内実は、大型公共事業と消費増税前の駆け込み需要であり、増税後の大幅な景気落ち込みが懸念される。

 今期のGDP改定値は、速報値からの大幅な伸びが予想されていた。それは、9月2日に発表された法人企業統計で企業の設備投資の底入れが確認されていたからである。だがフタを開けてみれば、企業の設備投資に加えて、公共事業の効果が想像以上に大きいことが明らかになった。
 企業の設備投資は、速報値は0.1%減だったが、改定値では1.3%増となった。一方、速報値では1.8%増だった公共事業が改定値では3.0%増になっている。しかも法人企業統計のデータを詳細に分析すると、民間設備投資で伸びが大きいのは不動産と建設である。つまり、今回のGPD上振れのほとんどは、大型の公共事業(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)と、消費増税を前にした住宅の駆け込み需要であることがわかる。

 政府はこの事実をあまり広めたくないらしく、報道関係者に対する説明では、企業の設備投資が増加という項目のみを強調しており、マスコミの記事も多くがそれに準じる形となっている。だが補正予算による公共事業が4~6月期に現実の数字となって顕在化することや、消費増税前の駆け込み需要が存在することは前から分かっていたことであり、10月の消費増税判断は、GDPの数値が上昇するタイミングを狙って周到に準備されたものと考えて良よい。

 政府内部ではすでに来年以降の景気落ち込みをどのようにカバーするのかに議論の焦点が移りつつある。2020年の東京五輪の開催は政府にとって大きな追い風となる。オリンピック対策と称して、大型公共事業を前倒しで実施できるからである。2013年度の補正予算に向けて、すでに水面下ではいろいろな動きが始まっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …