ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。物価変動の影響を除いた実質では前期比0.9%増、年率換算で3.8%増と、速報値から大幅に上方修正された。今回のGDP改定値は来年4月に予定されている消費税増税の重要な判断基準となる。速報値からの大幅修正によって、増税が決定される可能性がさらに高まった。一方、上方修正の内実は、大型公共事業と消費増税前の駆け込み需要であり、増税後の大幅な景気落ち込みが懸念される。

 今期のGDP改定値は、速報値からの大幅な伸びが予想されていた。それは、9月2日に発表された法人企業統計で企業の設備投資の底入れが確認されていたからである。だがフタを開けてみれば、企業の設備投資に加えて、公共事業の効果が想像以上に大きいことが明らかになった。
 企業の設備投資は、速報値は0.1%減だったが、改定値では1.3%増となった。一方、速報値では1.8%増だった公共事業が改定値では3.0%増になっている。しかも法人企業統計のデータを詳細に分析すると、民間設備投資で伸びが大きいのは不動産と建設である。つまり、今回のGPD上振れのほとんどは、大型の公共事業(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)と、消費増税を前にした住宅の駆け込み需要であることがわかる。

 政府はこの事実をあまり広めたくないらしく、報道関係者に対する説明では、企業の設備投資が増加という項目のみを強調しており、マスコミの記事も多くがそれに準じる形となっている。だが補正予算による公共事業が4~6月期に現実の数字となって顕在化することや、消費増税前の駆け込み需要が存在することは前から分かっていたことであり、10月の消費増税判断は、GDPの数値が上昇するタイミングを狙って周到に準備されたものと考えて良よい。

 政府内部ではすでに来年以降の景気落ち込みをどのようにカバーするのかに議論の焦点が移りつつある。2020年の東京五輪の開催は政府にとって大きな追い風となる。オリンピック対策と称して、大型公共事業を前倒しで実施できるからである。2013年度の補正予算に向けて、すでに水面下ではいろいろな動きが始まっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

orando
秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フラ …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

misutoraru
ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、 …

joumuinmember
完全保存版!習政権2期目、政治局常務委員メンバー相関図。習氏の3期続投が視野に

 習近平政権2期目の布陣が明らかとなった。後継候補となる若手は登用されず、習氏の …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …