ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそれに対する満足度に関するアンケート結果がちょっとした話題となっている。

 同社は、2013年6月から7月にかけて同社の求人サイト利用者2000名に対して、月収やそれに対する満足度についてアンケート調査を行った。
 それによると、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、正社員という4つのグループの中で、平均月収がもっとも高かったのは正社員であった。一方、自身の月給に対してもっとも満足度が低かったのも、正社員という結果になった。もっとも待遇がよい正社員が、自身の待遇にもっとも不満を感じているという皮肉な結果となった。

 正社員とそれ以外の社員の待遇の差は歴然としたものであった。正社員では自身の月給について20万~25万円であると回答した人の割合がもっとも高かったが、これが派遣社員や契約社員になると15万~20万円に下がった。さらに、アルバイト・パートになると、5万円から10万円という人が最も多くなり4割に達する。アンケートは、勤務時間や日数を考慮しない絶対値だが、他の雇用形態に対する正社員の待遇のよさは際立っている。

 一方、月収に対して満足していると回答した人の割合は、派遣社員が42%、契約社員が36%、アルバイト・パートが34%、最も少ないのは正社員で31%となった。待遇がもっともよい正社員が、月収に対して高い不満を持っているという構図だが、その理由もなかなか興味深い。
 アルバイト・パートや派遣社員では「手当がない」「賞与がない」という項目がトップになっており、雇用形態をそのまま反映した不満を持つ人が多い。一方で正社員の給与に対する不満のトップは「生活が苦しいから」というものであった。つまり、会社の待遇というよりも、自身の消費に対して会社の給料が追いついていないことを不満に感じているのだ。
 これとは逆に、月収に対して満足しているという人の理由は、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートでは「仕事内容と給料が合っているから」という項目がトップであり、仕事と報酬に対する関心が高いことが分かる。一方正社員のトップは「生活に困らないから」という項目であった。

 総合すると、正社員は他の雇用形態よりも待遇がよいものの、自身の月収に対しては不満を持ちやすいということが分かる。また、正社員以外は、月収に対する評価が仕事内容との関係性に集中しているの対して、正社員は自身の消費水準を給料が上回っているのかどうかに高い関心が寄せられている。正社員は、自身の給料に合わせて生活をするという感覚が、他の雇用形態の人に比べて薄いことを伺わせる。

 これらの結果は、どのような雇用形態が労働者の満足度を高めるのかという点で様々な示唆を与えてくれる。一概にどの形態がよいと断言はできないが、少なくとも、いつ仕事がなくなるか分からないという緊張感は、仕事の内容と報酬に対して関心を高める作用があり、総じて満足度も高くなるようである。ひょっとすると、労働者全員を期間の定めのない雇用契約に転換した方が、意欲や満足度が高くなるという、逆説的な可能性すら垣間見えてくる。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …