ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5773億円となり、6カ月連続の黒字となった。円安の進行で原油価格が上昇し貿易赤字が拡大したことから、経常黒字額は前年同月比で約1割減少した。ただ黒字水準はほぼ安定してきており、貿易赤字を投資収益でカバーするという成熟国型体質がさらに定着してきたといってよい。

 最終的な国の収支である経常収支は、おおまかには貿易収支と投資収益の2つで構成されている。高度成長期の日本は輸出で儲けており、多額の貿易黒字を計上していたが、外貨蓄積は不十分であり投資収益は小さかった。

 だが1990年代になると、外貨蓄積が莫大な金額になり海外投資から得られる収益も急拡大した。貿易黒字に投資収益が加わったので、当時の日本の経常収支は、年間10兆円以上の黒字であった。

 その後、日本メーカーの国際競争力が低下し、徐々に貿易黒字が減少、2007年には投資収益が貿易黒字を上回った。その後、日本メーカーの国際競争力低下が急激に進んだことや、震災の影響でエネルギーの輸入が急増したこと、円安で輸入価格が増大したことなどが総合的に作用し、日本は恒常的な貿易赤字体質となった。
 だが円安には海外からの投資収益を増やす効果があるため、貿易赤字を垂れ流しているにも関わらず、経常収支は以前ほどではないが黒字を維持している(年間6兆円程度)。

 これは日本が貿易で儲ける途上国型経済から、投資で儲ける成熟国型経済に移行したことを示している。国際収支には、途上国から成熟国になるにしたがって収支状況が変化するという「発展段階説」と呼ばれる考え方がある。最近の日本は、貿易赤字の定着、所得収支の増加、経常収支の黒字維持という状況になっており、「成熟した債権国」に分類される。これはかつての英国や米国の姿である。

 成熟した債権国では、貿易収支よりもむしろ投資収益(国際収支の用語では所得収支)が重要な役割を果たす。日本が持つ膨大な外貨のポートフォリオをどのように構成するのかで、投資収益は大きく変化するからだ。これまでは、外貨のほとんどが米国債で運用されていた。米国債での運用は日本に安定的な収益をもたらしてきたが、今後、投資収益をさらに拡大しようとする場合には、米国債だけでは利回りが不十分である。
 具体的には直接投資による利子、配当収入をさらに拡大させていく必要がある。今のところ直接投資の多くは、日本メーカーの海外移転に伴うものであり、国内産業の空洞化とセットになっている。今後は、海外企業のM&Aを積極的に進め、収益力のある会社を直接獲得していくような方向性が求められている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …