ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基盤、豊富なインフラ、的確なプレゼンテーションなどがあったといわれている。だが国際オリンピック委員会(IOC)による候補地決定の舞台裏では、各国が様々な駆け引きを行っており、集票をめぐっては多くの「密約」が交わされた可能性がある。これらは正式な外交記録として残るものではないため、表に出てくることはないが、今後の外交を縛る制約条件にもなり得る。

 日本の場合、福島原発の汚染水問題が最後まで招致のネックになっていた。招致合戦終盤では、各国のマスコミを使ったネガティブキャンペーンも行われていたと考えられる。
 汚染水問題がウラの交渉材料になった可能性は高く、今後もこの問題が、日本外交に大きな影響を与えることになるかもしれない。

 オリンピック招致において、各国がどのような話を持ちかけ、どの国がどう応じたのかについて全貌を知ることは不可能である。だがある程度の推測は可能だ。
 例えば、今回の開催地決定ではフランスと日本に密約があったという説が取り沙汰されている。フランスは2024年のオリンピック招致を目指しており、今回の開催地がスペインになってしまうと2回連続の欧州開催となってしまう。フランスは日本に投票するメリットがあるというワケだ。
 フランスはアフリカに多くの旧植民地を抱えており、フランスの投票行動はこれらアフリカ諸国にも大きな影響を及ぼす。今回の東京招致にフランス関連票が貢献した可能性は否定できない。

 一方、フランスは原子力大国としても有名である。福島原発の事故の際には、フランスの国営原子力企業アレバの技術を事故処理に採用するよう、強烈な外交活動があったことで知られている。フランスが日本に票を回した場合、福島原発の汚染水問題にフランス企業が関われるよう暗に要請があったとしても何ら不思議はない。

 安倍首相はIOCのプレゼンテーションで「福島原発の汚染水は完全にコントロールされている」と大見得を切ってしまっている。こうなってしまうと汚染水問題は、外交上の最大の人質になってしまう可能性がある。汚染水問題への外国企業の参入要請があった場合、「選手が不安がっている」として、選手団の引き上げをチラつかせるという最終手段が相手には存在するからである。

 汚染水問題が今後、どのような外交上の影響をもたらすかは未知数である。だが汚く冷酷な国際社会の交渉においては、なるだけ弱みを握られないようにするのが鉄則である。福島原発の事故処理は、本来であればもっとレベルの高い対応が出来ていたはずである。これまで無責任に放置されていたことは、外交交渉においても大きな損失だったといえるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

shukinpei07
習政権の腐敗撲滅運動。国営企業の報酬や党幹部の学歴にもメス

 中国で習近平指導部による腐敗撲滅運動がさらに激しくなっている。好待遇で批判の的 …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

kousai
痴漢事件で逆転無罪判決。理由はなんと「裁判官による誘導尋問」があったから

 痴漢をめぐって一審判決で有罪となり、控訴審で争っていた裁判でちょっとした「事件 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …