ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸している。曽野氏の全体的な主張は、出産後の社会復帰環境の整備なのだが、直接的な内容としては労働基準法違反にもなりかねないものである。一般的なケースであれば、多くの批判が寄せられるはずである。

 だが、曽野氏の発言については別な意味でも注目が集まっている。曽野氏は著名な作家であるだけでなく、日本財団の理事長を10年も務めるなど、戦後日本の体制派保守勢力の大物でもあるからだ。
 こうした人物の発言に対して、現代の日本社会がどのような扱いを示すのか、一部からは高い関心が寄せられている。

 問題の論文は週刊現代の8月31日号に掲載された。「何でも会社のせいにする甘ったれた女子社員たちへ」と題されたその論文では、産休制度について「会社にしてみれば、本当に迷惑千万な制度だと思いますよ」と一蹴している。
 日本社会は法の支配という概念が薄く、法で禁じられていても、社会風習上黙認されていれば、そちらが優先されることも多かった。だが最近では、法による縛りが強くなり、法に抵触する言動に対しては厳しい社会的制裁が下されるようになってきている。週刊朝日による橋下徹大阪市長に対する差別記事問題はまさにその典型例といえるだろう。
 記事を書いた作家や週刊朝日の編集部は、おそらくそうした意識が薄く、従来の世俗的な感覚をそのまま紙面に持ち込んだところ大バッシングを受けてしまったという状況と考えられる。

 女性の労働環境についても同様なところがある。以前は「女性は子供を産んだら会社を辞めるべきだ」といった発言は、法には抵触するものの、社会的に黙認されてきた面がある。だが最近ではそうした発言は徐々に許容されなくなってきている。

 週刊朝日の場合には、再販制度や記者クラブといったマスコミの特権が批判されている中での出来事だっただけに、同社はバッシングしやすい対象であった。だが曽野氏は週刊朝日とは根本的に社会的立場が異なっている。曽野氏はもともと作家だが、10年もの間、日本財団の理事長を務めていた人物でもある。よく知られているように、日本財団は旧船舶振興財団であり、もともとは故笹川良一氏が設立した団体である。一時は日本の競艇利権の多くを牛耳り、政財界に絶大な影響力を持っていた。
 また夫の三浦朱門氏も著名な作家であり、文化庁長官や日本芸術院院長を務めた大物である。このような保守思想界の重鎮である曽野氏の発言に対して日本社会がどう反応するのかに注目が集まっているというわけだ。

 ただ、女性が出産したら辞めるべきなのかどうかはともかく、一度退職した女性の同条件での職場復帰が困難であるという現状が、出産する女性の自由な選択肢を奪っているのは事実である。その意味で、曽野氏の問題提起そのものは的確であるともいえる。曽野氏の発言を日本社会はどう受け止めるのか?これは現代日本の社会状況を映すリトマス試験紙であるといってもよいだろう。

 - マスコミ, 政治, 社会 , ,

  関連記事

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

obama20130303
米国で歳出の自動カットがスタート。オバマ大統領がこれを強行する真の狙い

 オバマ大統領は3月1日、米政府の財政支出を自動的にカットする大統領令に署名し、 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

no image
米大統領選、民主党大会が開幕。初日はミシェル夫人が500ドルのドレスで演説

 民主党の全国大会がノースカロライナ州シャーロットで始まった。オバマ大統領とバイ …

lee obama
オバマ大統領とリー・シェンロン首相との会談で見えてくる、米軍の南シナ海へのシフト

  シンガポールのリー・シェンロン首相は4月2日、米ワシントンのホワイトハウスで …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …