ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入れたことで、米国によるシリア攻撃が当分実施されない可能性が高まってきた。

 ロシアのラブロフ外相は9月9日、シリア情勢について声明を発表し、アサド政権が保有する化学兵器を国際管理下に置くことを提案した。シリア政府がこれを受け入れたため、米国によるシリア攻撃はとりあえず土壇場で回避される可能性が高まってきた。シリア側の対応は時間稼ぎの可能性もあるが、軍事介入をめぐる情勢が大きく変化したことは間違いない。

 これはオバマ政権にとって朗報といえる。オバマ政権はもともとシリアに対する攻撃に極めて消極的だ。国内の対シリア強硬派や軍事介入を求めるフランスなどの声に押されて、オバマ大統領はやむなく軍事介入を決断した。
 だがオバマ大統領は国内世論が割れていることを逆手に取り、攻撃には議会の承認を求めると発言、上院の外交委員会は介入を支持したものの、下院での採決は危ぶまれていた。

 このようなタイミングでロシア提案が飛び出したことは、オバマ政権にとって極めて好都合である。不本意とはいえ軍事介入を決断した以上、議会に対して軍事介入を「説得する」という形になってしまう。仮に下院で介入案が否決されてしまうと、オバマ大統領の指導力に疑問符がつく可能性がある。
 だがシリアが化学兵器の国際管理を受け入れたという形であれば、攻撃を実施しない大義名分が成立する。また化学兵器に関する査察にはかなりの時間がかかることが予想され、その関にシリア問題はフェードアウトする可能性も出てくる。中東への関与を減らしたいオバマ政権としては非常に望ましい展開ということになる。

 そもそも今回のロシア側の提案も、ケリー米国務長官による「米国による軍事攻撃を回避できるとすれば、シリアが化学兵器を引き渡し、国際管理下に置いた場合だ」という発言が発端になっている。真偽の程は分からないが、米国側からこのような形になるよう仕向けた可能性も否定できない。

 オバマ政権は中東からアジア太平地域へと軍事力をシフトする「リバランス戦略」を進めている。米国は近い将来石油の自給が可能となる見込みであり、中東情勢に深く関与するメリットが低下している。引き続き、米国が中東問題に深くコミットする政策を望む声もあり、米国内では意見が分かれている。だが今回シリア攻撃が回避されることになれば、米国の中東離れはより加速することになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

koikeyuriko
小池百合子氏が都知事選に推薦なしでも出馬の意向。与党は分裂選挙の可能性

 東京都知事選が与党分裂選挙になる可能性が高まってきた。自民党の小池百合子元防衛 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

kankan
観艦式で野田首相が領土問題を念頭に訓示。だが主役の海保は忙しくて参加できず

 海上自衛隊観艦式が14日、神奈川県の相模湾沖で開催された。野田佳彦首相は、尖閣 …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …