ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー、インドを相次いで訪問する予定。

 日本滞在中は玄葉外務大臣、森本防衛大臣と会談したほか、安倍自民党総裁とも会談を行った。この中で安倍自民党総裁は「領土問題について一歩も譲るつもりはない」と中国に対して強硬な姿勢を明らかにし、米国が日本を支援するよう求めた。

 今回のバーンズ副長官の訪問は、ミャンマーとの経済協力やインドとのパートナーシップ再確認が主なテーマ。日本訪問はあくまで付随的なもので、尖閣問題での日本側の感触を確かめることが主な目的と思われる。今回の副長官訪問で尖閣問題に進展があるとは考えにくい。

 安倍総裁が極めて強い口調で強硬姿勢を明らかにしたことで、米国に対する自民党のスタンスは明確になったといえる。
 安倍氏の発言は選挙を意識したものと思われるが、米国側は自民党政権が成立しても中立の立場を変える可能性は低い。安倍氏の強気の発言が、今後思わぬ足かせになる可能性もある。

 - 政治

  関連記事

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

komatsuichiro
憲法解釈見直しに関する実務のキーマン。小松長官は大丈夫なのか?

 集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈見直しの中心人物である小松一郎内閣法制局長官 …

sangiin
山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …