ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準案を了承した。7月から実施されている原子力発電所向けの新規制基準と同レベルの地震対策を再処理工場などにも求める。
 現在、建設が進められている六ヶ所村の再処理工場付近には活断層の存在が確認されている。建物直下に活断層がないか詳細な調査が必要となることから、工場の稼働がさらに遅れる可能性がある。

 原子力規制委員会は、福島原発の事故を受けて、原子力発電所の新しい規制基準を今年の7月から適用している。新規性基準では事業者は地震や津波に対するより厳しい対策を実施しなければならない。
 今回了承されたのは、再処理工場など核燃料サイクル関連施設に対する新しい規制基準であり、基本的には原子力発言所の基準に準じた地震・津波対策を求める内容となっている。

 今回の新基準案の了承によって、六ヶ所村の再処理工場は操業開始が遅れる可能性が出てきたものの、稼働について一定の法的なメドがついたと解釈することもできる。ただ原子量発電所と異なり、核燃料サイクル施設には、複雑な問題が横たわっており、新基準の導入によって事実上の再開ゴーサインになってしまうことを危惧する声も聞こえてくる。

 日本は、原発の使用済み燃料を再処理し、その中からプルトニウムを抽出して再度原発で使用する「核燃料サイクル」の構築を目指している。このため、核燃料の再処理工場や高速増殖炉など、様々な付帯設備を開発している。だがプルトニウムの取り扱いや高速増殖炉の運転には危険が伴うため、商業ベースに乗せるためには相当の技術開発を重ねる必要がある。
 現在、青森県六ヶ所村において再処理工場を建設中だが相次ぐトラブルで操業開始が延期となっている。また核燃料サイクルにおいて中心的な役割を果たす高速増殖炉もんじゅは運転を停止したままだ。再処理後に出てくる高レベル放射性廃棄物の最終処分場もまだ決まっていない。

 核燃料サイクルには技術的な課題克服に加えて、プルトニウムという核兵器転用が極めて容易な物質を大量に商業ベースで取り扱うことの是非など、様々な問題がある。福島原発の事故によって、基本的な原子力政策の方向性すら揺らいでいる状況であり、高度な政治判断を必要とする核燃料サイクルについては、より慎重な議論が求められる。
 核燃料サイクルは、再処理工場、高速増殖炉、最終処分場などが一体となって成立するものである。新規性基準に適合しているからといって、個別の施設ごとになし崩し的に認可の是非が判断されていくことは、本質的に無意味なことである。
 米国はプルトニウム取り扱いのリスクという観点から、核燃料サイクルは構築しない方針を貫いており、これはこれで合理性のある選択といえる(本誌記事「コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?」参照)。日本の原子力政策のあり方が根本から問われている今、核燃料サイクルからの一時撤退も含めた聖域なしの議論が求められている。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

makein
世界のあちこちに顔を出す米国政治のキーマン、マケイン上院議員に要注目

 米共和党の重鎮で、大統領選にも出馬した経験のあるマケイン上院議員の活躍が目立っ …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …