ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資の先行指標といわれており、市場での注目度が高い。主要指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比でほぼ横ばいの7772億円であった。設備投資が上昇トレンドに入ったのかを確認することはまだ難しい状況だ。

  企業の設備投資は低迷が続いており、2013年の初頭には6000億円台の水準まで落ち込んでいた。だが3月頃から非製造業を中心に金額の増加が目立つようになり、5月には8000億円近くまで復活した。6月、7月は若干減少してして7700億円近辺で推移している。
 機械受注の統計は、以前は製造業の影響が大きかったが、最近では非製造業の影響を大きく受けるようになってきている。ここ数ヶ月の伸びは基本的に非製造業がリードしたものだ。
 非製造業の設備投資が回復しているのは、景気循環的な要因も大きいが、アベノミクスによる株高、補正予算を使った大型公共事業、消費税増税前の住宅駆け込み需要などが複合的に作用したものと考えられる。

 消費税増税の重要な判断基準となる、4~6月期GDP(改定値)は年率換算で3.8%増と良好な数字であった。要因は旺盛な企業の設備投資ということなのだが、中身はというと、公共事業と駆け込み需要の影響が大きかったことが明らかになっている。今回の機械受注の結果は、4~6月期と同じような状況が継続していることを示唆している。

 一方、製造業は、輸出の不振から苦戦が続いている。ただ製造業もゆっくりではあるが設備投資が増加トレンドに転じていると解釈することも可能である。対前年比ではずっとマイナスが続いているものの、前月比では5月が3.8%増、6月が2.4%増、7月が4.8%増と着実に増えてきているというのがその理由である。輸出不振がすぐに解消する可能性は少ないことから、今後は好調な非製造業が製造業の設備投資をどれだけ活性化させられるのかに注目が集まってくるだろう。

  製造業の分野別では、これまで唯一の成長分野であった自動車に伸びの一服感が出ている。一方大幅が下落が続いていた電機の分野は底入れの可能性が見えてきている。ただ電機の設備投資はブレが大きく、本当に設備投資が底を打ったのかを確認するのはまだ時期尚早といえる。内需の影響が大きいITについては1年以上横ばいが続いている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

kaimono
これは悪いインフレの兆候?4月の消費者物価指数は庶民にとってトホホな内容

 総務省は5月31日、4月の全国消費者物価指数を発表した。生鮮食料品を除く総合指 …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …