ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資の先行指標といわれており、市場での注目度が高い。主要指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比でほぼ横ばいの7772億円であった。設備投資が上昇トレンドに入ったのかを確認することはまだ難しい状況だ。

  企業の設備投資は低迷が続いており、2013年の初頭には6000億円台の水準まで落ち込んでいた。だが3月頃から非製造業を中心に金額の増加が目立つようになり、5月には8000億円近くまで復活した。6月、7月は若干減少してして7700億円近辺で推移している。
 機械受注の統計は、以前は製造業の影響が大きかったが、最近では非製造業の影響を大きく受けるようになってきている。ここ数ヶ月の伸びは基本的に非製造業がリードしたものだ。
 非製造業の設備投資が回復しているのは、景気循環的な要因も大きいが、アベノミクスによる株高、補正予算を使った大型公共事業、消費税増税前の住宅駆け込み需要などが複合的に作用したものと考えられる。

 消費税増税の重要な判断基準となる、4~6月期GDP(改定値)は年率換算で3.8%増と良好な数字であった。要因は旺盛な企業の設備投資ということなのだが、中身はというと、公共事業と駆け込み需要の影響が大きかったことが明らかになっている。今回の機械受注の結果は、4~6月期と同じような状況が継続していることを示唆している。

 一方、製造業は、輸出の不振から苦戦が続いている。ただ製造業もゆっくりではあるが設備投資が増加トレンドに転じていると解釈することも可能である。対前年比ではずっとマイナスが続いているものの、前月比では5月が3.8%増、6月が2.4%増、7月が4.8%増と着実に増えてきているというのがその理由である。輸出不振がすぐに解消する可能性は少ないことから、今後は好調な非製造業が製造業の設備投資をどれだけ活性化させられるのかに注目が集まってくるだろう。

  製造業の分野別では、これまで唯一の成長分野であった自動車に伸びの一服感が出ている。一方大幅が下落が続いていた電機の分野は底入れの可能性が見えてきている。ただ電機の設備投資はブレが大きく、本当に設備投資が底を打ったのかを確認するのはまだ時期尚早といえる。内需の影響が大きいITについては1年以上横ばいが続いている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …