ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資の先行指標といわれており、市場での注目度が高い。主要指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比でほぼ横ばいの7772億円であった。設備投資が上昇トレンドに入ったのかを確認することはまだ難しい状況だ。

  企業の設備投資は低迷が続いており、2013年の初頭には6000億円台の水準まで落ち込んでいた。だが3月頃から非製造業を中心に金額の増加が目立つようになり、5月には8000億円近くまで復活した。6月、7月は若干減少してして7700億円近辺で推移している。
 機械受注の統計は、以前は製造業の影響が大きかったが、最近では非製造業の影響を大きく受けるようになってきている。ここ数ヶ月の伸びは基本的に非製造業がリードしたものだ。
 非製造業の設備投資が回復しているのは、景気循環的な要因も大きいが、アベノミクスによる株高、補正予算を使った大型公共事業、消費税増税前の住宅駆け込み需要などが複合的に作用したものと考えられる。

 消費税増税の重要な判断基準となる、4~6月期GDP(改定値)は年率換算で3.8%増と良好な数字であった。要因は旺盛な企業の設備投資ということなのだが、中身はというと、公共事業と駆け込み需要の影響が大きかったことが明らかになっている。今回の機械受注の結果は、4~6月期と同じような状況が継続していることを示唆している。

 一方、製造業は、輸出の不振から苦戦が続いている。ただ製造業もゆっくりではあるが設備投資が増加トレンドに転じていると解釈することも可能である。対前年比ではずっとマイナスが続いているものの、前月比では5月が3.8%増、6月が2.4%増、7月が4.8%増と着実に増えてきているというのがその理由である。輸出不振がすぐに解消する可能性は少ないことから、今後は好調な非製造業が製造業の設備投資をどれだけ活性化させられるのかに注目が集まってくるだろう。

  製造業の分野別では、これまで唯一の成長分野であった自動車に伸びの一服感が出ている。一方大幅が下落が続いていた電機の分野は底入れの可能性が見えてきている。ただ電機の設備投資はブレが大きく、本当に設備投資が底を打ったのかを確認するのはまだ時期尚早といえる。内需の影響が大きいITについては1年以上横ばいが続いている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …