ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選択できる方向性で進められている。だが次世代を担う若者の意識は、これとは逆に、1社での終身雇用を強く望んでいることが最新の厚生労働白書で明らかになった。その背景には、変化のマイナス面を若者にだけに押しつける歪んだ社会構造があると考えられる。

 2013年版厚生労働白書では、労働政策研究・研修機構による若者のキャリア形成に関するアンケート調査の結果を取り上げている。
  それによると、20代の若者で1つの企業に勤め続けたいと考える人の割合は50%を突破し、1999年の37%から大幅に増加した。
 一方、複数企業でキャリアを形成したい考える人や独立自営したいという人の割合は低下している。つまり、現代の若者は以前と比べて、1社での終身雇用をより強く望んでいるということになる。

 白書では、内閣府が行った「世界青年意識調査」の結果も取り上げている。同調査では「職場に不満があれば転職する方がよい」と考える人の割合が日本は諸外国に比べて圧倒的に低く(米国は日本の2.5倍、フランスは2倍、韓国は1.8倍)、多少の不満があっても同じ会社に勤め続けることを望む傾向が鮮明になっている。要するに日本の若者は、転職を繰り返すことや、正社員にこだわらない形でのキャリア形成を基本的に望んでいない。

 だが、実際の労働政策はこれとは逆の方向に進んでいる。働く人の価値観や環境はそれぞれであることや社会の変化が激しいことなどから、多様化したライフスタイルに対応できる柔軟な雇用形態が必要というのが基本的な考え方だ。これはまさに正論であり、自立した個人やグローバリズムという視点に立てば当然の帰結といえるだろう。
 だが、雇用の流動化を伴うこの考え方は、日本においては本質的な意味ではなく、終身雇用と退職金が保証された正社員という既得権益層を保護するための手段という意味合いが強い。

 政府の規制改革会議は、新しい雇用形態として「ジョブ型正社員」というものを提唱したが、若年層からの評価は低い。それは、正社員に比べて解雇のリスクが高い雇用形態ではないかとの懸念がどうしても払拭できないからである。終身雇用の正社員という他と比べて圧倒的に待遇のよい特権的立場が残っている限り、どんな制度を作っても、結局は皆がその椅子を欲しがるのはある意味で当然のことである。

 1社での終身雇用を強く望む若者の姿勢を消極的と切り捨てるのはたやすい。だが、若者のこうした姿勢の背景には、雇用流動化のマイナス面を自分達だけが引き受けるのではないかという不安が存在している。少なくとも、現在、日本が目指している雇用のあり方と若者の感覚には大きなミスマッチがあることだけは確かである。この問題が解消されない限り、小手先の制度改革を行ったところで、雇用問題の本質的な解決は難しいだろう。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

j31
中国が軍需企業の上場コングロマリット化を計画。中核5社の素顔とは

 中国が軍の近代化を急ピッチで進めている。今月1日、中国は次世代ステルス戦闘機「 …