ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に加えて、工学的見地から危険性を指摘する声が上がっている。稼働したとされる原子炉は1985年に臨海に達したものだが、基本設計は1950年代で現代の原子炉と比べるとかなり古い。また稼働していない期間が長いことや北朝鮮の経済事情から、十分なメンテナンスが出来ていない可能性が指摘されている。

 北朝鮮問題を研究している、ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮研究機関「38North」は9月11日、寧辺核施設にある黒鉛減速炉(出力5000キロワット)について、施設から白い蒸気が立ち上り、原子炉が再稼働した可能性があると発表した。

 衛星写真では、原子炉建屋に隣接するタービン建屋から白い帯状の水蒸気が立ち上がっているのが確認できる。水蒸気はダミーとの見方もあるが、同研究機関では、水蒸気の色と量がタービン稼働時のものと一致するとしており、実際に原子炉を稼働させた可能性が高いとしている。北朝鮮はすでに再稼働を表明していることから、これを実行に移した可能性が高くなってきた。
 実際に、原子炉を稼働させたということになると、北朝鮮は2007年の六カ国協議で合意した原子炉閉鎖に関する取り決めを一方的に破棄したことになり、米朝関係を一気に悪化させる可能性がある。

 また米国からは、こうした外交上の問題に加えて、原子炉の安全性を懸念も声も上がっている。今回、再稼働したと思われる原子炉は、1982年の臨界だが基本設計はかなり古い。もともとは英国で開発されたコールダーホール型と呼ばれる黒鉛減速ガス冷却炉を元に設計されたものである。日本初の商業用原子炉で1965年に臨界に達した東海発電所1号機も同じ形式の炉だったが、すでに1998年に運転を終了し、現在解体作業が進められている。

 炉の形式が古いことに加えて、運転停止を行っている期間が長いことや、北朝鮮の経済的事情を考えると、十分なメンテナンスが実施できていない可能性もあるという。万が一、寧辺の施設で事故ということになると、北朝鮮問題はさらにやっかいな状況に陥ることになるだろう。

 原子炉が本格稼働しているのかを最終的に確認するにはもうしばらく時間が必要だが、もし本格稼働ということであれば、理論的には年間6キロのプルトニウムを生産できることになる。この量があれば、北朝鮮は数年以内に複数個の核兵器を製造することが可能となる。

 - 政治, IT・科学 , , ,

  関連記事

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

no image
マスターズ初の女性会員となったライス前国務長官はモテモテで有名

 ゴルフのメジャー大会であるマスターズ・トーナメントを開催するオーガスタ・ナショ …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …