ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続投する人事を決定した。安倍首相は内閣改造も見送る方針といわれており、今後の政権運営に対する強い自信をうかがわせる。

 安倍政権発足当初、首相サイドは石破氏の幹事長就任を強く警戒していた。幹事長は党内に対する影響力が極めて強く、場合によっては政権崩壊の引き金になる役職だからである。
 石破氏は自他共に認める政策畑であり、政局的な動きは苦手とされる。政策通である石破氏を主要閣僚に配置し、幹事長には自らに近い人物を置くというのが首相周辺の狙いであった。
 だが選挙で勝利した幹事長を交代させるには、相応の理由が必要であることや、何より石破氏が幹事長留任を強く望んだことで、石破氏の閣僚処遇案は流れた。

 石破氏が党内、特に地方支部の結束強化に動いたことで、首相サイドは警戒していたが、安倍政権の基盤が着々と固まるにつれて石破氏に対する懸念も薄れてきた。
 以前の自民党政権では、党の部会が絶大な政策に対する絶大な影響力を持っており、政策の重要な部分は党内の議論で決まっていた。だが今回の消費増税に関する議論やTPP交渉開始の決断などを見ても分かるように、ほとんどの政策が官邸と霞ヶ関の中で決まってしまっており、党はその内容を追認するだけの存在になっている。

 もし党の影響力が大きければ、大臣や政務官、党幹部のポストを欲しがる各派閥の意向を尊重し、ガス抜きとして大規模な内閣改造や党人事を迫られていたことだろう。今回党三役が続投となり、内閣改造が見送られたとしても、公然と安倍首相を批判できるだけの党内勢力は存在しない。安倍首相はしばらくの間、現体制で思うがままの政権運営を実現することが可能と考えられる。

 石破氏は当然だが「次」を考えている。首相への支持率が高い現在は、あまり目立った動きをせず、党内の支持基盤固めに専念する可能性が高い。ラッキーだったのは、野田聖子総務会長と高市早苗政調会長の2人であろう。総務会長と政調会長はのポストは、今回の党人事で交代の可能性が最も高いといわれていた。安倍政権の運営が極めて良好であることの恩恵を最大限に受けているのは、実はこの両名かもしれない。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …