ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相は政権運営に自信満々?ガス抜きとしての党内人事や内閣改造も不必要

 

 自民党は9月17日、役員会を開催し、今月末に任期が切れる石破幹事長ら党三役を続投する人事を決定した。安倍首相は内閣改造も見送る方針といわれており、今後の政権運営に対する強い自信をうかがわせる。

 安倍政権発足当初、首相サイドは石破氏の幹事長就任を強く警戒していた。幹事長は党内に対する影響力が極めて強く、場合によっては政権崩壊の引き金になる役職だからである。
 石破氏は自他共に認める政策畑であり、政局的な動きは苦手とされる。政策通である石破氏を主要閣僚に配置し、幹事長には自らに近い人物を置くというのが首相周辺の狙いであった。
 だが選挙で勝利した幹事長を交代させるには、相応の理由が必要であることや、何より石破氏が幹事長留任を強く望んだことで、石破氏の閣僚処遇案は流れた。

 石破氏が党内、特に地方支部の結束強化に動いたことで、首相サイドは警戒していたが、安倍政権の基盤が着々と固まるにつれて石破氏に対する懸念も薄れてきた。
 以前の自民党政権では、党の部会が絶大な政策に対する絶大な影響力を持っており、政策の重要な部分は党内の議論で決まっていた。だが今回の消費増税に関する議論やTPP交渉開始の決断などを見ても分かるように、ほとんどの政策が官邸と霞ヶ関の中で決まってしまっており、党はその内容を追認するだけの存在になっている。

 もし党の影響力が大きければ、大臣や政務官、党幹部のポストを欲しがる各派閥の意向を尊重し、ガス抜きとして大規模な内閣改造や党人事を迫られていたことだろう。今回党三役が続投となり、内閣改造が見送られたとしても、公然と安倍首相を批判できるだけの党内勢力は存在しない。安倍首相はしばらくの間、現体制で思うがままの政権運営を実現することが可能と考えられる。

 石破氏は当然だが「次」を考えている。首相への支持率が高い現在は、あまり目立った動きをせず、党内の支持基盤固めに専念する可能性が高い。ラッキーだったのは、野田聖子総務会長と高市早苗政調会長の2人であろう。総務会長と政調会長はのポストは、今回の党人事で交代の可能性が最も高いといわれていた。安倍政権の運営が極めて良好であることの恩恵を最大限に受けているのは、実はこの両名かもしれない。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

ishiba
日銀法改正で安倍総裁に牽制球。「次」を狙う石破幹事長のしたたかな戦略とは?

 自民党の石破茂幹事長は17日、テレビ東京の報道番組に出演し、日銀法改正について …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …