ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、量的緩和策の継続を決定した。ほとんどの市場関係者が9月の緩和縮小を予想していただけに、大きなサプライズとなった。18日のダウはFRBの決定を受けて急騰し、最高値を更新して引けた。

  FRBのバーナンキ議長は6月のFOMCにおいて、経済指標が良好であればという前提条件付きではあるものの、9月からの量的緩和縮小を匂わせる発言をしていた。実際、8月の失業率は前月より0.1ポイント改善して7.3%となり、製造業の景況感指数も上昇していたことなどから、市場は完全に9月の緩和縮小を織り込んでいた。
 だが今回のFOMCでは、まったく予想外の緩和継続となり、市場は混乱した。18日のダウ平均株価はFOMCの声明が発表された直後から急騰し、終値は15,676.94ドルと市場最高値を更新して引けた。為替市場ではドルが売られ円が急騰、午前中99ドル台で取引されていたドルは、声明と同時に一気に下落し、一時は97円台を付けた。

 バーナンキ議長は緩和縮小を見送った理由として、失業率が高止まりしていることやインフレ率が目標以下であることなどをあげた。失業率などの指標が完全に回復するまでは、多少、市場に混乱を起こしたとしても、緩和を継続するという姿勢をよりはっきりさせたというわけである。

 もしバーナンキ議長の意図をそのまま解釈すれば、名実ともに良好な経済指標が出てこない限り、緩和を継続するということになるのだが、市場関係者の中には、今回の決定が今後のFRBの選択肢を狭めてしまっていると指摘する人もいる。
 確かに米国経済の現状は、多少まだら模様となっている。良好な個人消費に支えられ内需は堅調だが、思いのほか失業率は低下していない。しかも職探しを諦めてしまった人が多く、見かけ上、失業率が低下しているだけとの指摘も多い。だが90年代の米国がそうであったように、米国の産業構造は大きく変化しており、失業率が高止まりしたまま経済が回復する、いわゆる「ジョブレスリカバリー」が発生している可能性がある。もしそうだとすると、失業率の数字は容易に改善しないことになる。
 失業率という政策目標に縛られてしまうと、いつまで経っても緩和縮小を決められず、そのうち緩和継続の弊害の方が大きくなってきてしまうことを市場関係者は危惧している。

 いずれにせよ各種経済指標が1~2カ月で劇的に改善する可能性は低く、量的緩和の縮小開始は早くても今年12月以降にズレ込む可能性が濃厚となった。株式市場からは早くも年内にダウが1万6000ドルを突破するという声も聞こえてきている。先行きに対する不透明感が増す中で、株価だけが上昇するといういびつな状態がしばらく続くことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …