ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9603億円の赤字となった。先月に引き続き、円安によるエネルギーの輸入価格上昇が影響した。赤字を計上するのは14カ月連続で過去最長。日本が恒常的な貿易赤字体質になっていることをあたらめて裏付ける結果となった。

 輸入額は前年同月比16.0%増の6兆7440億円となり、増加は10カ月連続。一方、輸出額は前年同月比14.7%増の5兆7837億円だった。輸出、輸入とも増加しているが、エネルギー価格の上昇分が大きく赤字幅が拡大した。
 輸出は先月と同様、北米向けの自動車や中国向けの有機化合物が伸びている。特に自動車輸出は好調で、対米では4950億円の貿易黒字となった。一方、中国向けは電子部品の輸入が増えている影響もあり、3000億円の赤字となっている。

 輸出数量は対前年同月比で2カ月連続の増加となったが、前月比ではマイナスになっている。輸出数量の減少が完全に止まったとは言えない状況だ。ただ、輸出価格は対前年比で大幅に上昇しており、価格低下の圧力は軽減されてきた可能性が高い。低付加価値製品のアジア生産シフトによって、製品の競争力が向上していることが示唆される。

 日本はこれまで輸出不振と貿易赤字の拡大が続いてきたが、ようやくその傾向も一段落しつつある。だがこれは、赤字拡大に歯止めがかかっただけであり、今後、貿易赤字が縮小してくることは考えにくい。だが貿易赤字が続くことをあまり悲観する必要はない。
 それは、貿易赤字は続いているものの、国の最終的な収支である経常収支は黒字を維持しているからだ。日本は過去に蓄積した貿易黒字を使って外貨を運用しており、その運用益は貿易赤字をはるかに上回っている(本誌記事「貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った」参照)。

 日本はかつての英国や米国のように、工業国を卒業し、投資収益で生きていく成熟国家のフェーズに入った可能性が高い。成熟国は恒常的な貿易赤字になることがほとんどだが、しばらくの間は投資収益が得られるため、国の収支は安定する。むしろ日本が考えるべきなのは、投資立国として見た場合、日本の市場はまだまだ魅力に欠けるという点である。
 成熟国化がさらに進めば、いつかは債権を取り崩し、外国から資本を調達するフェーズに移行する時が来る。その時、日本の金融市場が魅力的でなければ、海外からの資金調達が難しくなり、相応の豊かさを享受できない可能性がある。要するに日本人の金融的なビジネスセンスが試されているのだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …