ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者割当増資を実施すると発表した。今回、増資に成功すれば、いつ債務超過に転落するか分からないという財務危機からはとりあえず脱することができる。だが今後の成長戦略は手つかずの状態であり、本格的な経営再建にはほど遠い状況だ。

 公募増資と第三者割当増資で発行する株式は約5億株。同社の発行済み株式数の42%に達する水準で、既存株主の権利は大幅に希薄化される。
 同社は、経営が順調だった時代には50%近い自己資本比率を誇っていたが、相次ぐ巨額赤字の計上によって、現在では6%台にまで低下している。大規模な設備投資を伴う製造業としては、これはかなり危険な水準といえる。増資を実施すれば、12%程度まで自己資本比率が回復するので、財務的にはひとまず安心ということになる。

 同社では今回の増資で得られる資金を液晶の高精細化などに投じるとしているが、必ずしもそうとは言い切れない部分がある。同社は9月末に、投資家に向けて発行していた2000億円の転換社債(CB)償還が控えており、この償還原資を得るために銀行から追加融資を受けている状況だからである。今回の増資は、このCB償還分の資金を賄うためのものであると解釈することもできる。

 最大の問題は、財務的なメドはついたものの、今後の成長戦略がまったく描けていないことである。同社の経営危機が表面化した当初は、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の支援を受けて事業を再生する計画だった。しかしホンハイ側はシャープ経営陣に厳しいリストラを要求したため、シャープ側から提携を断ってしまった。
 ホンハイは、アップルからiPhoneやiPadの製造を受託しているメーカーであり、液晶パネルというデバイスを生産するシャープとは非常に相性がよい。基本的にシャープは自力での再生は難しく戦略的提携相手が必要だが、ホンハイに代わる優良な相手がなかなか見つからない状況が続いている。

 一時は、韓国サムスン電子と複写機事業に関する提携交渉を行っていたが頓挫し、米クアルコムとの提携も限定的なものにとどまった。今回、第三者割当増資を引き受けるLIXILグループ、マキタ、デンソーの各社は、戦術的な提携相手にはなるものの、戦略的な意味での提携相手というわけではない。
 結果的にシャープは独力で今後の成長戦略を描く必要に迫られているが、そもそも独力での展開が可能であれば、現在のような経営危機にはなっていなかったはずである。このまま何もしない状況が続くと、過大な負債を抱えた低収益の液晶デバイスメーカーが、ただ存続しているという状況にも陥りかねない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

yukashi03
このタイミングでアブラハム社が行政処分となった背景は何か?

 証券取引等監視委員会が投資助言会社アブラハム・プライベートバンクを行政処分する …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …